×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

こちらから はじめての方へ 無神論の方へ キリスト教徒の方へ 聖書 仏教徒の方へ
冊子 注文 送料
考察 なぜ イスラエル
掲示板 ゲストブック 質問 ニュース アンケート
イスラームとムスリム イスラーム 聖クルアーン ムスリム 装い 結婚 用語
イスラーム世界 映画
ムスリム向け 行事 礼拝 Q&A タフスィール ラマダーン ダウワ 人物




イスラーム用語辞典



A  B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 

A
アッラーAllah

الله

唯一神 もっと詳しく
アザーンAthān/Azaan

أذان

モスクに付随したミナレット (細長い塔) から発せられる義務の礼拝への呼びかけ

4x
(2x)
الله اكبرAllahu Akbarアッラーは偉大なり
2xأشهد أن لا إله إلا اللهAsh-hadu allā ilāha illallāh私はアッラー以外に神がいないことを証言する
2xأشهد أن محمدا رسول اللهAsh-hadu anna Muhammadan rasūlullāh私はムハンマドがアッラーの使徒であることを証言する
2xحي على الصلاةHayya 'alas-salāt礼拝に急いて来たれ
2xحي على الفلاحHayya 'alal-falāh繁栄のために急いて来たれ
2xالله اكبرAllahu akbarアッラーは偉大なり
1xلا إله إلا اللهLā ilāha illallāhアッラーのほかに神はなし

 アザーンのビデオ

* アザーンを聞いた時のズィクル

アハル・ル・キターブAhlul-Kitāb

أهل الكتاب

啓典の民。イスラーム確立以前にあった一神教で、アッラーから啓示を授かった宗教を信仰する人々。

アーヒラĀkhirah

الآخرة

来世。

アンサールAnsar

أنصار

援助者。ムスリムになったマディーナの住民で、迫害されてマッカから移住してきたムスリム (ムハージルーン) を援助した。

アキーダAqidah

عقيدة

信条
1. アッラーは唯一であること (タウヒード) を信じる
2. アッラーに遣わされたすべての使徒 (ラスール) と預言者 (ナビー) を信じる
3. 天使 (マラーイカ) を信じる
4. アッラーからのクルアーンとその他の啓典 (クトゥブ) を信じる
5. 復活 (キヤーマ) と審判の日を信じる
6. 宿命 (カダル) を信じる
 もっと詳しく
アスルAsr

العصر

午後の日没前までに行う義務の礼拝

アウラAwra

عورة

配偶者以外の人の前で覆うべき身体の部分。男性もへそからひざは見せてはいけない。 ムスリム・ムスリマの装い

アーヤAyah

آية

印。クルアーンの節。いずれの意味も、「アッラーの印」。

B
バラカBarakah

بركة

祝福。

ビダアBid'a

بدعة

神も預言者ムハンマドも定めなかったことで、新しく考案された崇拝行為の方法。逸脱、異端的行為。

C
カリフCaliph / Khalīfah

خليفة

預言者ムハンマドの後継として統率を任された人。

D
ダッジャールDajjal

دجّال

偽預言者。偽キリスト。
ダウワDa'wah

الدعوة

人々をイスラームに呼びかけること。  もっと詳しく
ズィクルDhikr

ذكر

アッラーを讃える言葉を唱えること。
ディーン

Deen/Din

الدين

宗教。イスラームに従った生活様式。信仰。

ドゥアDu'a

دعاء

個人的に行う祈り、アッラーへの嘆願。

ズフルDhuhr

ظهر

正午あたりに行う義務の礼拝。
ドニヤDunya

دنيا

この世。
E
イードEid

عيد

祭り。ラマダーン明けを祝うイード・ル・フィトル (断食明け祭) と、巡礼後のズルヒッジャ月10-13日に祝うイード・ル・アドハ (犠牲祭) の二つがある。

F
ファジュルFajr

فجر

日の出1時間半前くらいから日の出10分前くらいまでの間に行う義務の礼拝。
ファルドFard

فرض

義務。行えばそれに対して報奨があり、怠ると罰を受けることになる。
ファトワFatwa

فتوى

学者による法的判断、見解。

フィクフFiqh

فقه

イスラーム法学。またはイスラーム法学の理解。
フィトナFitna

فتنة

試練。苦難の時。
フルカーンFurqan

فرقان

善悪の識別が顕された書。クルアーン。
G
グスルGhusl

غسل

礼拝を捧げるための全身沐浴。性交後や月経後などに行わなければならない。
H
ハディースHadith

حديث

預言者ムハンマドが言ったこと、行ったこと等の記録。
ハディース・クドスィHadith Qudsi

حديث قدسي

預言者ムハンマドが伝えたアッラーの言葉。 クルアーンとの違いは、クルアーンがアッラーの言葉そのままであるのに対し、ハディース・クドスィはムハンマドの言葉で言い表されたもの。
ハッジHajj

الحجّ

マッカへの巡礼。イスラーム五柱のうちの一つで、金銭的・肉体的に可能なムスリムなら一生のうち一度は行わなければならない義務。

ハーフィズHafiz/Hafith

حافظ

クルアーンを全部暗記している人。
ハラールHalal

حلال

合法。許されたもの。禁じられていないもの。
ハナフィHanafi

حنفي

四法学派のうちでもっとも古く、イマーム アブハニーファ・アンヌアマーン(699 - 767) によって創設された。中央アジア、南アジア、西アジア、東ヨーロッパで優勢。
ハンバリHanbali

حنبلى

イマーム アフマド ブンハンバルに因む四法学派のひとつ。アラビア半島で優勢。
ハラームHaram

حرام

禁止されている物事。行うと罰を受け、行わなければ報奨を受けることができる。 (ワージブの項を参照)
ヒジャブHijab

حجاب

覆い全般のことであるが、しばしばムスリム女性が頭部を覆うスカーフに限定して用いられる。 もっと詳しく
ヒジュラHijra

الهجرة

マッカで迫害を受けた信者たちが行った他の地域への移住。マッカからマディーナへの移住は特に「聖遷」と訳され、その年、西暦622年がイスラーム暦紀元年。
ヒズブHizb

حزب

ジュズの半分、クルアーンを60に分割したときの一単位。
I
イバーダIbada

عبادة

崇拝行為。儀式的な事に止まらず、アッラーへの服従に努める生活全般の内容に及ぶ。
イブリースIblis

إبليس

傲慢で不服従な態度を取ったために追放されたジン。別名シェイターン。
イフタールIftar

إفطار

ラマダーン中の日没後にその日の断食を終えて摂る食事。
イフラームIhram

إحرام

巡礼者の神聖な状態。
イジマアIjma

إجماع

イスラーム法においてムスリム全体で一致している意見。
イフティラーフIkhtilaf

إختلاف

イスラーム法において学派の間で一致しない意見。
イマームImam

إمام

指導者。集団礼拝の導者。
イーマーンIman

إيمان

信仰心。
インシャアッラーInshallah

إن شاء الله

アッラーの御意志なら。(現在より先の話をするときに使われる)
イカーマIqama

إقامة

礼拝が始まる直前に唱えられる礼拝への呼びかけ。
イシャーIsha

عشاء

日没の1時間半後くらいから就寝までの間に行う義務の礼拝。
イスラームIslaam/Islam

الإسلام

アッラーへの服従、帰依。
イスナードIsnad

إسناد

ハディース伝承者の連なりの表記。例: 「この話はAさんがBさんから聞いて、BさんはCさんから聞いた・・・・・」
イスティハーラIstikharaإستخارة重要な事を決めるときにアッラーに導きを請う祈り。
J
ジャハンナムJahannam

جهنم

地獄、地獄の業火。
ジャンナJannah

جنة

天国、楽園。
ジャナーバJanaba

جنابة

男性は性交後、または睡眠中に精液で汚れた時の状態、女性は性交後、月経時、産後の出血時の状態で、礼拝をするためには全身沐浴が必要である状態。

ジュヌブJunub

جنوب

ジャナーバの状態にある人。

ジハードJihad

جهاد

日本では 「イスラームの聖戦」 という意味で用いられているが、アッラーの道のために努力奮闘することは、軍事的行動を含むと含まざるに拘わらず、すべてジハードである。イスラームを守るために闘うこと、誘惑と闘うこと、眠気を払って礼拝に立つこと等もジハード。
ジルバーブJilbab

جلباب

長い外套。(関連:アバーヤ、ブルカ、チャドル、クルアーン 33:59)

ジンJinn

جنّ

人間と同じように自由意志を持つ存在で、イスラームを受け入れたものもいれば、拒んだジンもいる。人間は見ることが出来ないが、ジンには人間が見えている。
ジュムアJumua

جمعة

金曜礼拝。
ジュズJuz

جزء

クルアーンを30に分割したときの一単位。
K
カアバKaaba

الكعبة

マッカにある四角い建物。黒い布がかけられている。ムスリムはその方角に向かって礼拝を捧げるが、この建物を崇拝しているわけではない。
カーフィルKafir

كافر

ムスリムからみた不信心者。
ヒマールKhimar

خمار

頭部を含む上半身の覆い、ベール。クルアーン24:31
フトバKhutba

خطبة

金曜礼拝での説教。
M
マブルークMabruk

مبروك

「おめでとう」 「祝福されますように」
マズハブMadhhab

مذهب

イスラーム法学派。四法学派というと、ハナフィー、ハンバリー、マーリキ、シャーフィイー。分布図
マグリブMaghrib

مغرب

日没時から日没1時間半くらいの間に行う義務の礼拝。
マハラムMahram

محرم

身内のうち、生涯結婚できない立場の異性。父や息子など。
マクルーフMakruh

مكروه

忌み嫌うべきこと。行っても罰はないが、避けると報奨がある。 (ワージブの項を参照)
マーリキMaliki

مالكي

イマーム マーリクに因む四法学派のひとつ。北アフリカや西アフリカで優勢。
マーシャアッラーMashallah

ما شاء الله

字義通りには「アッラーが望まれたこと」。他者にとってよい事物を見聞きしたときなどに、「いいですね」「よかったですね」の意味で使われることが多い。
マスジドMasjid

مسجد

礼拝を捧げるための場所。モスク。

参考1: 三大モスク

マッカのマスジド・ハラーム

マディーナの預言者モスク

パレスチナのアルマスジド・ル・アクサ

参考2: スライドショーアルアクサと「岩のドーム」の違い
ムバーフMubah

مباح

中間。行っても報奨を受けないし、しなくても罰を受けない。 (ワージブの項を参照)
ムシュリクMushrik

مشرك

多神教信者、異教徒、偶像崇拝者、アッラーの唯一性を信じない人、アッラーと他のものを並べて崇拝する人。
ムスタハッブMustahabb

مستحبّ

推奨されること。行うと報奨を授かる。怠っても罰を受けない。(ワージブの項を参照)
N
ナフルNafl

نفل

任意で行う礼拝で、しなくとも罪にならない。
ニカーブNiqab

نقاب

顔用ベール。
P
PBUHpeace be unto him

صلى الله عليه و سلم

預言者ムハンマドの名に続ける言葉の英語訳を省略した形。SAW/SAWS と同じ。
Q
キブラQiblah

قبلة

ムスリムが礼拝を捧げるときに向く方向。

キヤーマ、ヤウム・ルQiyamah, Day of

يوم القيامة

復活の日。審判の日。
クルアーンQuran

قرآن

イスラームの啓典。ムハンマドに啓示された、全人類へのアッラーのみ言葉。もっと詳しく

R
raradi Allahu anhu

رضي الله عنه

サハーバの名に続ける言葉の省略形。「彼/彼女にアッラーのご満悦あれ」という意味。
ラマダーンRamadhan

رمضان

断食月。イスラーム暦第9月。この月の間にクルアーンが初めて啓示された。
ラマダーン月の断食 ラマダーン月の行事

ラクア

ラカート

rakaʿah

rakaʿāt

ركعة‎,

pl. ركعات

礼拝の動作の単位。立ったり、座ったり、立礼したりする一連の動きを1ラカートとする。各礼拝により捧げるラカート数が異なる。
  • ファジュル .... 夜明け前、2 ラカート
  • ズフル .... 正午、4 ラカート
  • アスル .... 午後、4 ラカート
  • マグリブ .... 日没直後、3 ラカート
  • イシャー .... 夜、4 ラカート
リバーRiba

ربا

利息。受け取ることも払うことも、クルアーンによって禁じられている。このため、最近では「イスラーム金融」が注目されている。
S
SAW/SAWSSallallahu alayhi wa sallam

صلى الله عليه و سلم

預言者ムハンマドの名に続ける言葉の省略形。「彼にアッラーの祝福と平安あれ」 の意味。
サハーバSahaba

الصحابه

預言者ムハンマドの教友たち。 単数形はサハービ。
サラフSalaf

السلف الصالح

始めの三世代くらいの敬虔な信者。1世代目はサハーバ (教友)、次はタービイーン (後続者)、その次はターバウ・ッタービイーン (後続者の後続者)。

預言者sawは言った、「もっとも良い人々は私の時代に生きている人々である。次に良いのはそれに続く世代、その次に良いのはさらにその後に続く世代である。」(アルブハーリー)
サラートSalat

صلاة

礼拝。五柱のひとつ。1日に5回定められた時間に行うのは義務(ファルド)の礼拝 (夜明け前、昼の中間、午後の中間、日没直後、夜)。任意に行う種類の礼拝もある(ナフルの項を参照)。  もっと詳しく
シャーフィイーShafi'i

شافعي

アブ ハニーファの弟子とイマーム マーリクに師事したイマーム アッシャーフィイーに因む四法学派のひとつ。インドネシア、マレーシア、東アフリカで優勢。
シャハーダShahadah

الشهادة

信仰告白。「ラー イラーハ イッラッラー。ムハンマドゥン ラスールッラー」 (アッラーのほかに神はなし。ムハンマドはアッラーの使徒である) と言うこと。
シャリーアShari'a

الشريعة

イスラーム法。クルアーンとスンナに基づく。
シャイターンShaytan

شيطان

悪魔。サタン。
シルクShirk

شرك

偶像崇拝、多神崇拝、アッラー以外のものを神とすること、アッラーに別の神を並べること。
スンナSunna

السنّة

預言者ムハンマドの生前に行ったこと、言ったこと。ムスリムが規範とする行動。
シャヒードShahīd

شهيد

証人。殉教者。
スーラSurah

سورة

章。クルアーンは114章からなる。
SWTSubhanahu wa ta'ala

سبحانه و تعالى

アッラーの名に続けられる言葉の省略形。「至高で栄光なる」 という意味。
T
タービイーンTabi'in

التابعين

ムハンマドの死後に生まれた世代で、ムスリムになってから、サハーバのうち少なくとも1人に会ったことがあり、ムスリムの規範となった人。
ターバウッタービイーンTaba'at-Tabi'in

تابع التابعين

タービイーンの次の世代で、ムスリムになってから、タービイーンのうち少なくとも1人に会ったことがあり、ムスリムの規範となった人。
タフスィールTafsir

تفسير

クルアーン注釈。  もっと詳しく
タクビールTakbīr

تكبير

「アッラーフアクバル (アッラーは偉大なり) 」 と言うこと。  もっと詳しく
タサウワフTasawwuf

التصوّف

神秘主義。スーフィズム
タウバTawba

توبة

悔悟。改心。
タワーフTawaf

طواف

巡礼の儀式の一つでカアバ神殿の周りを回ること。
タウヒードTawhid

توحيد

アッラーの唯一性 もっと詳しく
U
ウラマUlama

علماء

イスラームの学識者
ウンマUmma

الاُمّة

世界中のムスリムの連帯。
ウムラUmrah

عمرة

マッカで行う小巡礼。大巡礼(ハッジ) と異なり、一年中いつでも行うことが出来る。
W
ワージブWajib

واجب

義務。

参考: ムスリムの行動は次の5つのカテゴリーに分けられる

  1. ワージブ・・・・・・義務。ファルドともいう。
  2. スンナ・・・・・・・・推奨される。ユスタハッブ、ムスタハッブ、マンドゥーブともいう。
  3. ムバーフ・・・・・・・義務でもないし、推奨されているわけでもない (ニュートラル)
  4. マクルーフ・・・・・嫌がられる (控えることが推奨される)
  5. ハラーム・・・・・・・禁じられる (控えることが義務である)
ワリWali

ولي

保証人、保護者、後見人。
ウドゥWudu

الوضوء

礼拝の前に行う沐浴。ウドゥを小浄、グスルを大浄と呼ぶ。排泄や就寝後に礼拝を行うときはウドゥが必要で、手足や頭部を洗う。性交後はグスル、つまり全身を洗わなくてはいけない。
Z
ザカートZakat

زكاة

喜捨。五柱の一つで、ムスリムは余剰の財から定められた割合を必要としている人に渡す義務がある。 もっと詳しく
ズィナZina

زناء

婚姻関係にない者の性行為で大罪。
.