×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

こちらから はじめての方へ 無神論の方へ キリスト教徒の方へ 聖書 仏教徒の方へ
冊子 注文 送料
考察 なぜ イスラエル
掲示板 ゲストブック 質問 ニュース アンケート
イスラームとムスリム イスラーム 聖クルアーン ムスリム 装い 結婚 用語
イスラーム世界 映画
ムスリム向け 行事 礼拝 Q&A タフスィール ラマダーン ダウワ 人物


無神論の方々へ


バスの写真

おそらく神は存在しない。
心配するのはやめて、人生を楽しみなさい。


と書いてあります。イギリスの無神論者グループによるバス広告です。 詳しくはこちら


注目すべきは 「おそらく」 という言葉です。

人生を楽しんだ末に、期待が外れて神が存在した場合、このグループが 「おそらく」 責任を取ってくれると思っていいでしょうか?


多くの方々が 「おそらくいない」 と期待をこめて思いながら、人生を楽しんでいらっしゃることと思います。
「いや、私は絶対いないと考える」 と言う方もいるかもしれません。でも、証拠があるわけではありませんよね。

イスラームには科学的証拠があります。

たとえば、聖クルアーン






123456789101112

1~12 までの番号をふった小さいボールを袋の中に一まとめにして振ります

次に 袋の中を見ずに、1~12 の順番にボールを一つずつ取り出してください

成功する確率は 4億7,900万分の1です。

たった 12 の数字を偶然に並べることさえもこんなに難しいのに、人間や宇宙、万物の調和は偶然なのでしょうか。


フレッド ホイル という数学・天文学者は、偶然にできる確率を計算した結果、それは不可能であると結論しています。

ホイル博士によると、 「最も単純な単細胞生物がランダムな過程で発生する確率は

 『がらくた置き場の上を竜巻が通過し、その中の物質からボーイング747が組み立てられる』 のと同じくらい」


トルネードの写真

ハリケーンの写真




無神論の方々へ (日本語) 読み物 
クルアーンと科学 ~飛行機の中での会話



無神論の方々へ (日本語)  写真
鮮やかな事実

惑星の大きさ、宇宙の広さ


無神論の方々へ  (英語)  ビデオ
 Does God Exist ! ISLAMIC PRESPECTIVES 


無神論の方々へ  (英語) 読み物
Does God Exist? Proof of the Existence of God


無神論からイスラームへの改宗者  (英語・日本語)  ビデオ
 A Japanese Girl's Journey from Atheism to Islam (part 1) (日本語)
 A Japanese Girl's Journey from Atheism to Islam (part 2) (日本語)
 A Japanese Girl's Journey from Atheism to Islam (part 3) (日本語)
 A Japanese Girl's Journey from Atheism to Islam (part 4) (日本語)
 A Japanese Girl's Journey from Atheism to Islam (part 5) (日本語)
 A Japanese Girl's Journey from Atheism to Islam (part 6) (日本語)

 My conversion story to Islam,from being atheist to muslim. (英語)

 Former Atheist Converts to Islam (1 of 2) (英語)
 Former Atheist Converts to Islam (2 of 2) (英語)

 From Catholic to Atheist to Islam (英語)

 An Atheist Converts to Islam (英語)

 Prof. of Mathematics (Ex-Atheist) on Accepting Islam 1/3 (英語)
 Prof. of Mathematics (Ex-Atheist) on Accepting Islam 2/3 (英語)
 Prof. of Mathematics (Ex-Atheist) on Accepting Islam 3/3 (英語)



科学的検証と進化論の誤り  (英語)
Harun Yahya Presentations (リンク切れ)
Harun Yahya



オーロラの写真

人は言う。「一体わたしが死んだ時、やがて甦るのであろうか。」

人は思わないのか。われは以前何も無いところから、かれ(人間)を創ったのである。

[聖クルアーン マルヤム章66-67]




丘陵の写真

かれらは骼駝に就いて、如何に創られたかを考えてみないのか。
また天に就いて、如何に高く掲げられたか、
また山々に就いて、如何に据え付けられているか、
また大地に就いて、如何に広げられているかを。

[聖クルアーン アル・ガーシア章17-20]

花の山の写真



kamenの写真

かれらは無から創られたのではないか。それともかれら自身が創造者なのか。

[聖クルアーン アッ・トール章35]




南極の太陽と月の写真
南極の太陽と月

本当に天と地の創造、また夜と昼の交替の中には、思慮ある者への印がある。

[聖クルアーン イムラーン家章190]




われは天と地、またその間にあるものを、戯れに創ったのではない。

[聖クルアーン 預言者章16]




われは天と地、そしてその間にある凡てのものを、戯れに創ったのではない。

[聖クルアーン 煙霧章38]







わからないことは質問してください