イスラームの本 tafsirjp - 1. アル・ファーティハ 開端章 タフスィール イブン カスィール
こちらから はじめての方へ 無神論の方へ キリスト教徒の方へ 聖書 仏教徒の方へ
冊子 注文 送料
考察 なぜ イスラエル
掲示板 ゲストブック 質問 ニュース アンケート
イスラームとムスリム イスラーム 聖クルアーン ムスリム 装い 結婚 用語
イスラーム世界 映画
ムスリム向け 行事 礼拝 Q&A タフスィール ラマダーン ダウワ 人物


1. 開端章
タフスィール イブン カスィール


Updated 2009-11-30 22:49
翻訳:イスラームの本管理人


بسم الله الرحمان الرحيم
فاتحة الكتاب

マッカで啓示された
アル・ファーティハの意味と様々な名
アル・ファーティハには何節あるか
アル・ファーティハにある語と文字の数
ウンム アル・キターブ と呼ばれる理由
アル・ファーティハの徳
アル・ファーティハと礼拝
このハディースの説明
礼拝のラカート毎にアル・ファーティハを読むことが必要である
イスティアーザ(ご加護を請うこと)のタフスィール
クルアーンを読む前にご加護を求めること
怒っている時にアッラーにご加護を求めること
イスティアーザ(ご加護を求めること)は命ぜられているか
イスティアーザの徳
イスティアーザの意味
悪魔はなぜシェイターンと呼ばれるか
アッ・ラジームの意味
ビスミッラーはアル・ファーティハの一番目の節である
礼拝時にバスマラを声に出して言うこと
アル・ファーティハの徳
何らかの事を行う前にバスマラは推奨される
アッラーの意味
アッ・ラフマーン アッ・ラヒーム の意味 - 慈悲深く、慈愛あまねく
アル・ハムド の意味
称賛と感謝の違い
アル・ハムドについてのサラフの言葉
アル・ハムドの徳
ハムドの前のアルは、アッラーへのあらゆる種類の感謝を含む
アッ・ラッブ の意味、主
アル・アーラミーンの意味
被造物がなぜアラムと呼ばれるか
審判の日の主宰を示している
ヤウム アッ・ディーンの意味
アッラーはアル・マーリクである (王 または 所有者)
アッ・ディーンの意味
イバーダの言語学的、宗教的な意味
行為者の前に行動の目的を述べるメリットとこれらの否定のメリット
アル・ファーティハ アッラーを讃えることの重要性を示し、それは各礼拝毎に必要である
タウヒード アル・ウルヒーヤ
タウヒード アッ・ルブビーヤ
アッラーは預言者 صلى الله عليه وسلم  をアブドと呼ばれた
苦悩のときに崇拝行為を行うことの奨励
なぜ賛美が最初に言及されているか
アッ・スィラート アル・ムスタキームの意味、まっすぐな道
誠実な者は導きを求め、導きに従う
アル・ファーティハの要約
恩恵はアッラーのため、逸脱でなく
アーミーン と言うこと




 マッカで啓示された

 

 アル・ファーティハの意味と様々な名

 

سُورَة الْفَاتِحَة . يُقَال لَهَا الْفَاتِحَة أَيْ فَاتِحَة الْكِتَاب خَطًّا وَبِهَا تُفْتَح الْقِرَاءَة فِي الصَّلَوَات وَيُقَال لَهَا أَيْضًا أُمّ الْكِتَاب عِنْد الْجُمْهُور ذَكَرَه أَنَس , وَالْحَسَن وَابْن سِيرِينَ كَرِهَا تَسْمِيَتهَا بِذَلِكَ قَالَ الْحَسَن وَابْن سِيرِينَ إِنَّمَا ذَلِكَ اللَّوْح الْمَحْفُوظ وَقَالَ الْحَسَن الْآيَات الْمُحْكَمَات هُنَّ أُمّ الْكِتَاب وَلِذَا كَرِهَا أَيْضًا أَنْ يُقَال لَهَا أُمّ الْقُرْآن وَقَدْ ثَبَتَ فِي الصَّحِيح عِنْد التِّرْمِذِيّ وَصَحَّحَهُ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة قَالَ - قَالَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ

 この章はアル・ファーティハと呼ばれ、啓典のはじまりの章である。礼拝もこの章で始める。多くの学者によると、「ウンム・ル・キターブ」 (啓典の母) ともいう。アッ・ティルミズィによる権威あるハディースではアブ フライラが伝えたこととしてアッラーの使徒 {saw} が次のように言ったと記録されており、サヒーフ (真正) として位置づけられている、 

«الْحَمْدُ للهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ أُمُّ الْقُرْآنِ وَأُمُّ الْكِتَابِ وَالسَّبْعُ الْمَثَانِي وَالْقُرْآنُ الْعَظِيمُ»

 (アル・ハムド リッラーヒ ラッビル・アーラミーン は、クルアーンの母、本(啓典)の母、そして七つの繰り返される節、偉大なるクルアーン)

وَيُقَال لَهَا " الْحَمْد " وَيُقَال لَهَا " الصَّلَاة " لِقَوْلِهِ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ عَنْ رَبّه

 また、アル・ハムド、アッサラー とも呼ばれる。預言者 {saw} によると、主が次のように仰せられたためである、

«قَسَمْتُ الصَّلَاةَ بَيْنِي وَبَيْنَ عَبْدِي نِصْفَيْنِ، فَإِذَا قَالَ الْعَبْدُ:الْحَمْدُ للهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ، قَالَ اللهُ: حَمِدَنِي عَبْدِي»

 (礼拝(アル・ファーティハ)はわれわがしもべの間で半々に分けられる。 しもべが「万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ」 という時、アッラーは、「わがしもべはわれを称賛した」 と仰せられる。)

الْحَدِيث . فَسُمِّيَتْ الْفَاتِحَة صَلَاة لِأَنَّهَا شَرْط فِيهَا وَيُقَال لَهَا " الشِّفَاء "

 アル・ファーティハがサラーと呼ばれたのは、それを唱えることがサラー (つまり礼拝) を正しく行うための条件であるためである。アル・ファーティハは 「アッシファ」 (治癒) とも呼ばれた。

لِمَا رَوَاهُ الدَّارِمِيّ عَنْ أَبِي سَعِيد مَرْفُوعًا " فَاتِحَة الْكِتَاب شِفَاء مِنْ كُلّ سُمّ" وَيُقَال لَهَا " الرُّقْيَة " لِحَدِيثِ أَبِي سَعِيد فِي الصَّحِيح حِين رَقَى بِهَا الرَّجُل السَّلِيم فَقَالَ لَهُ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ

 また、「アッルクヤ」 (治療薬) と呼ばれる。サヒーフには、アブ サイードが、毒を盛られた部族長のための治療薬としてアル・ファーティハを用いた教友のことを伝えている話がある。後でアッラーの使徒は教友に言った、
 

«وَمَا يُدْرِيكَ أَنَّهَا رُقْيَةٌ»

 (それがルクヤであるとどうして知っていたのか。)

وَرَوَى الشَّعْبِيّ عَنْ اِبْن عَبَّاس أَنَّهُ سَمَّاهَا " أَسَاس الْقُرْآن" قَالَ وَأَسَاسهَا بِسْمِ اللَّه الرَّحْمَن الرَّحِيم وَسَمَّاهَا سُفْيَان بْن عُيَيْنَةَ " بِالْوَاقِيَةِ " وَسَمَّاهَا يَحْيَى بْن أَبِي كَثِير " الْكَافِيَة " لِأَنَّهَا تَكْفِي عَمَّا عَدَاهَا وَلَا يَكْفِي مَا سِوَاهَا عَنْهَا كَمَا جَاءَ فِي بَعْض الْأَحَادِيث الْمُرْسَلَة" أُمّ الْقُرْآن عِوَض مِنْ غَيْرهَا وَلَيْسَ مَنْ غَيْرهَا عِوَض مِنْهَا " وَيُقَال لَهَا سُورَة " الصَّلَاة وَالْكَنْز " ذَكَرَهمَا الزَّمَخْشَرِيُّ فِي كَشَّافه . وَهِيَ مَكِّيَّة قَالَهُ اِبْن عَبَّاس وَقَتَادَة وَأَبُو الْعَالِيَة وَقِيلَ مَدَنِيَّة قَالَهُ أَبُو هُرَيْرَة وَمُجَاهِد وَعَطَاء بْن يَسَار وَالزُّهْرِيّ وَيُقَال نَزَلَتْ مَرَّتَيْنِ مَرَّة بِمَكَّةَ وَمَرَّة بِالْمَدِينَةِ . وَالْأَوَّل أَشْبَه لِقَوْلِهِ تَعَالَى :

 イブン アッバース、カターダ、アブ ル・アーリヤによると、アル・ファーティハはマッカで啓示された。アッラーは仰せられた、

[وَلَقَدْ آتَيْنَاكَ سَبْعًا مِّنَ الْمَثَانِي ]

 (われは絶えず繰り返されるべき7つ(の節)をあなたに授けた。)  (つまり、アル・ファーティハ) (15:87) アッラーがもっともよくご存知であられる。

 

 アル・ファーティハには何節あるか

 

وَاَللَّه تَعَالَى أَعْلَم وَحَكَى أَبُو اللَّيْث السَّمَرْقَنْدِيّ أَنَّ نِصْفهَا نَزَلَ بِمَكَّة وَنِصْفهَا الْآخَر نَزَلَ بِالْمَدِينَةِ وَهُوَ غَرِيب جِدًّا نَقَلَهُ الْقُرْطُبِيّ عَنْهُ وَهِيَ سَبْع آيَات بِلَا خِلَاف وَقَالَ عَمْرو بْن عُبَيْد ثَمَان وَقَالَ حُسَيْن الْجُعْفِيّ سِتَّة وَهَذَانِ الْقَوْلَانِ شَاذَّانِ وَإِنَّمَا اِخْتَلَفُوا فِي الْبَسْمَلَة هَلْ هِيَ آيَة مُسْتَقِلَّة مِنْ أَوَّلهَا كَمَا هُوَ عِنْد جُمْهُور قُرَّاء الْكُوفَة وَقَوْل جَمَاعَة مِنْ الصَّحَابَة وَالتَّابِعِينَ وَخَلْق مِنْ الْخَلَف أَوْ بَعْض آيَة أَوْ لَا تُعَدّ مِنْ أَوَّلهَا بِالْكُلِّيَّةِ كَمَا هُوَ قَوْل أَهْل الْمَدِينَة مِنْ الْقُرَّاء وَالْفُقَهَاء ؟ عَلَى ثَلَاثَة أَقْوَال كَمَا سَيَأْتِي تَقْرِيرهَا فِي مَوْضِعه إِنْ شَاءَ اللَّه تَعَالَى وَبِهِ الثِّقَة .

 アル・ファーティハが七つの節で構成されているということについて異論はない。アル・クファという読誦者の大半、教友の一団、タービイーン、そして後代の多数の学者によれば、冒頭のビスミッラーは独立した節である。この事についてはまたすぐ触れる。アッラーがお望みならば。わたしたちはアッラーに信頼を置く。

 

 アル・ファーティハにある語と文字の数

 

قَالُوا وَكَلِمَاتهَا خَمْس وَعِشْرُونَ كَلِمَة وَحُرُوفهَا مِائَة وَثَلَاثَة عَشَر حَرْفًا .

 学者はアル・ファーティハは25の語、113字からなると述べている。

 

 ウンム アル・キターブ と呼ばれる理由

 

قَالَ الْبُخَارِيّ فِي أَوَّل كِتَاب التَّفْسِير وَسُمِّيَتْ أُمّ الْكِتَاب لِأَنَّهُ يُبْدَأ بِكِتَابَتِهَا فِي الْمَصَاحِف وَيُبْدَأ بِقِرَاءَتِهَا فِي الصَّلَاة وَقِيلَ إِنَّمَا سُمِّيَتْ بِذَلِكَ لِرُجُوعِ مَعَانِي الْقُرْآن كُلّه إِلَى مَا تَضَمَّنَتْهُ . قَالَ اِبْن جَرِير : وَالْعَرَب تُسَمِّي كُلّ جَامِع أَمْر أَوْ مُقَدِّم لِأَمْرٍ إِذَا كَانَتْ لَهُ تَوَابِع تَتْبَعهُ هُوَ لَهَا إِمَام جَامِع - أُمًّا فَتَقُول لِلْجِلْدَةِ الَّتِي تَجْمَع الدِّمَاغ أُمّ الرَّأْس وَيُسَمُّونَ لِوَاء الْجَيْش وَرَايَتهمْ الَّتِي يَجْتَمِعُونَ تَحْتهَا أُمًّا وَاسْتَشْهَدَ بِقَوْلِ ذِي الرُّمَّة : عَلَى رَأْسه أُمّ لَنَا نَقْتَدِي بِهَا جِمَاع أُمُور لَيْسَ نَعْصِي لَهَا أَمْرًا يَعْنِي الرُّمْح - قَالَ وَسُمِّيَتْ مَكَّة أُمّ الْقُرَى لِتَقَدُّمِهَا أَمَام جَمِيعهَا وَجَمْعهَا مَا سِوَاهَا . وَقِيلَ لِأَنَّ الْأَرْض دُحِيَتْ مِنْهَا. وَيُقَال لَهَا أَيْضًا الْفَاتِحَة لِأَنَّهَا تُفْتَتَح بِهَا الْقِرَاءَة وَافْتَتَحَتْ الصَّحَابَة بِهَا كِتَابَة الْمُصْحَف الْإِمَام وَصَحَّ تَسْمِيَتهَا بِالسَّبْعِ الْمَثَانِي قَالُوا لِأَنَّهَا تُثَنَّى فِي الصَّلَاة فَتُقْرَأ فِي كُلّ رَكْعَة وَإِنْ كَانَ لِلْمَثَانِي مَعْنًى آخَر غَيْر هَذَا كَمَا سَيَأْتِي بَيَانه فِي مَوْضِعه إِنْ شَاءَ اللَّه تَعَالَى . قَالَ الْإِمَام أَحْمَد : حَدَّثَنَا يَزِيد بْن هَارُون أَنْبَأَنَا اِبْن أَبِي ذِئْب وَهَاشِم بْن هَاشِم عَنْ اِبْن أَبِي ذِئْب عَنْ الْمَقْبُرِيّ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة عَنْ النَّبِيّ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ أَنَّهُ قَالَ فِي أُمّ الْقُرْآن

 著 『サヒーフ集』 の 『タフスィールの書』 の初めで、アル・ブハーリーは述べている、「それが啓典の母と呼ばれるのは、クルアーンがそれで始まり、礼拝がそれを唱えることで始まるためである。」 また、クルアーンの全容がそこに含まれているためであるとも言われる。イブン ジャリールは言った、「アラブ人は特定の領域を含むあらゆる包括的な事物をウンム(母)と呼ぶ。たとえば、脳を覆っている皮膚をウンム アッラァスと呼ぶし、軍の兵士たちを集める旗をウンムと呼ぶ。」 彼はまたこう述べた、「マッカはウンム ル・クラ (村の母) と呼ばれた。もっとも大きくてすべての村の長であるためである。それに、地球が創られたとき、マッカから着手されたと言われていた。」

  さらに、イマーム アフマドは、ウンム ル・クルアーン についてアブ フライラによって伝えられたこととして、預言者 {saw} が次のように言ったと記録している、

«هِيَ أُمُّ الْقُرْآنِ وَهِيَ السَّبْعُ الْمَثَانِي وَهِيَ الْقُرْآنُ الْعَظِيمُ»

 (それはウンム ル・クルアーン、七つの繰り返されるもの(章)、偉大なクルアーンである。)

ثُمَّ رَوَاهُ عَنْ إِسْمَاعِيل بْن عُمَر عَنْ اِبْن أَبِي ذِئْب بِهِ وَقَالَ أَبُو جَعْفَر مُحَمَّد بْن جَرِير الطَّبَرِيّ : حَدَّثَنِي يُونُس بْن عَبْد الْأَعْلَى أَنْبَأَنَا اِبْن وَهْب أَخْبَرَنِي اِبْن أَبِي ذِئْب عَنْ سَعِيد الْمَقْبُرِيّ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة رَضِيَ اللَّه عَنْهُ عَنْ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ قَالَ

 また、アブ ジャアファル、ムハンマド ビン ジャリール アッタバリは、アブ フライラが伝えたこととして、アル・ファーティハについてアッラーの使徒 {saw} が次のように言ったと記録している、

«هِيَ أُمُّ الْقُرْآنِ وَهِيَ فَاتِحَةُ الْكِتَابِ وَهِيَ السَّبْعُ الْمَثَانِي»

 (それはウンム ル・クルアーン、啓典のアル・ファーティハ(クルアーンの開きの章)、七つの繰り返されるもの(章)である。)

 

وَقَالَ الْحَافِظ أَبُو بَكْر أَحْمَد بْن مُوسَى بْن مَرْدَوَيْهِ فِي تَفْسِيره حَدَّثَنَا أَحْمَد بْن مُحَمَّد بْن زِيَاد حَدَّثَنَا مُحَمَّد بْن غَالِب بْن حَارِث حَدَّثَنَا إِسْحَاق بْن عَبْد الْوَاحِد الْمَوْصِلِيّ حَدَّثَنَا الْمُعَافَى بْن عِمْرَان عَنْ عَبْد الْحَمِيد بْن جَعْفَر عَنْ نُوح بْن أَبِي بِلَال عَنْ الْمَقْبُرِيّ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة قَالَ : قَالَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ " الْحَمْد لِلَّهِ رَبّ الْعَالَمِينَ سَبْع آيَات : بِسْمِ اللَّه الرَّحْمَن الرَّحِيم إِحْدَاهُنَّ وَهِيَ السَّبْع الْمَثَانِي وَالْقُرْآن الْعَظِيم وَهِيَ أُمّ الْكِتَاب وَفَاتِحَة الْكِتَاب " وَقَدْ رَوَاهُ الدَّارَقُطْنِيّ أَيْضًا عَنْ أَبِي هُرَيْرَة مَرْفُوعًا بِنَحْوِهِ أَوْ مِثْله وَقَالَ كُلّهمْ ثِقَات وَرَوَى الْبَيْهَقِيّ عَنْ عَلِيّ وَابْن عَبَّاس وَأَبِي هُرَيْرَة أَنَّهُمْ فَسَّرُوا قَوْله تَعَالَى : " سَبْعًا مِنْ الْمَثَانِي " بِالْفَاتِحَةِ وَأَنَّ الْبَسْمَلَة هِيَ الْآيَة السَّابِعَة مِنْهَا وَسَيَأْتِي تَمَام هَذَا عِنْد الْبَسْمَلَة. وَقَدْ رَوَى الْأَعْمَش عَنْ إِبْرَاهِيم قَالَ : قِيلَ لِابْنِ مَسْعُود : لِمَ لَمْ تَكْتُب الْفَاتِحَة فِي مُصْحَفك ؟ فَقَالَ : لَوْ كَتَبْتهَا لَكَتَبْتهَا فِي أَوَّل كُلّ سُورَة قَالَ أَبُو بَكْر بْن أَبِي دَاوُدَ يَعْنِي حَيْثُ يُقْرَأ فِي الصَّلَاة قَالَ : وَاكْتَفَيْت بِحِفْظِ الْمُسْلِمِينَ لَهَا عَنْ كِتَابَتهَا وَقَدْ قِيلَ : إِنَّ الْفَاتِحَة أَوَّل شَيْء أُنْزِلَ مِنْ الْقُرْآن كَمَا وَرَدَ فِي حَدِيث رَوَاهُ الْبَيْهَقِيّ فِي دَلَائِل النُّبُوَّة وَنَقَلَهُ الْبَاقِلَّانِيُّ أَحَد أَقْوَال ثَلَاثَة وَقِيلَ " يَا أَيّهَا الْمُدَّثِّر " كَمَا فِي حَدِيث جَابِر فِي الصَّحِيح وَقِيلَ : " اِقْرَأْ بِاسْمِ رَبّك الَّذِي خَلَقَ " وَهَذَا هُوَ الصَّحِيح كَمَا سَيَأْتِي تَقْرِيره فِي مَوْضِعه وَاَللَّه الْمُسْتَعَان " .

ذكر ما ورد في فضل الفاتحة

アル・ファーティハの徳

ذِكْر مَا وَرَدَ فِي فَضْل الْفَاتِحَة " قَالَ الْإِمَام أَحْمَد بْن مُحَمَّد بْن حَنْبَل رَحِمَهُ اللَّه تَعَالَى فِي مُسْنَده : حَدَّثَنَا يَحْيَى بْن سَعِيد عَنْ شُعَبَة حَدَّثَنِي حَبِيب بْن عَبْد الرَّحْمَن عَنْ حَفْص بْن عَاصِم عَنْ أَبِي سَعِيد بْن الْمُعَلَّى رَضِيَ اللَّه عَنْهُ قَالَ : كُنْت أُصَلِّي فَدَعَانِي رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ فَلَمْ أُجِبْهُ حَتَّى صَلَّيْت قَالَ : فَأَتَيْته فَقَالَ " مَا مَنَعَك أَنْ تَأْتِيَنِي ؟ " قَالَ قُلْت : يَا رَسُولَ اللَّه إِنِّي كُنْت أُصَلِّي قَالَ : أَلَمْ يَقُلْ اللَّه تَعَالَى :

 イマーム アフマド ビン ハンバルは 『ムスナド』 に、アブ サイード ビン アル・ムアッラが言ったことを記している、「預言者 {saw} に呼ばれたとき、私は礼拝中であったので、礼拝を終えるまで返事をしなかった。それで彼のもとへ行くと、『どうして来なかったのか。』 と聞かれた。私が『アッラーの使徒よ、礼拝をしていました』 というと、彼は 『アッラーはこのように仰せられなかったか』 と次のように言った、

 

[ يَا أَيُّهَا الَّذِينَ آمَنُوا اسْتَجِيبُوا لِلَّهِ وَلِلرَّسُولِ إِذَا دَعَاكُمْ لِمَا يُحْيِيكُمْ ]

 (信仰する者よ,アッラーと使徒の呼びかけに応えなさい。アッラーが(使徒を通じて)あなたがたを(現世と来世で)生かすために呼びかけたときは。)  [8:24]

ثُمَّ قَالَ

«لَأُعَلِّمَنَّكَ أَعْظَمَ سُورَةٍ فِي الْقُرْآنِ قَبْلَ أَنْ تَخْرُجَ مِنَ الْمَسْجِدِ»

 (モスクを出る前に、クルアーンの中でもっとも偉大な章を教えよう。)  

قَالَ : فَأَخَذَ بِيَدِي فَلَمَّا أَرَادَ أَنْ يَخْرُج مِنْ الْمَسْجِد قُلْت : يَا رَسُول اللَّه إِنَّك قُلْت لَأُعَلِّمَنَّك أَعْظَم سُورَة فِي الْقُرْآن قَالَ " نَعَمْ

そして私の手を取った。 彼がモスクを出ようとした時、私は言った、「アッラーの使徒よ、あなたはクルアーンの中でもっとも偉大な章を教えてくださると言いました。」 彼は言った、(そうだ。) 

[ الْحَمْدُ لِلَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ]

 (アル・ハムド リッラーヒ ラッビル・アーラミーン)

«نَعَمْ هِيَ السَّبْعُ الْمَثَانِي وَالْقُرْآنُ الْعَظِيمُ الَّذِي أُوتِيتُهُ»

 (それは七つの繰り返されるものと私が授かった偉大なクルアーンである。)

وَهَكَذَا رَوَاهُ الْبُخَارِيّ عَنْ مُسَدَّد وَعَلِيّ بْن الْمَدِينِيّ كِلَاهُمَا عَنْ يَحْيَى بْن سَعِيد الْقَطَّان بِهِ وَرَوَاهُ فِي مَوْضِع آخَر مِنْ التَّفْسِير وَأَبُو دَاوُدَ وَالنَّسَائِيّ وَابْن مَاجَهْ مِنْ طُرُق عَنْ شُعْبَة بِهِ وَرَوَاهُ الْوَاقِدِيّ عَنْ مُحَمَّد بْن مُعَاذ الْأَنْصَارِيّ عَنْ خُبَيْب بْن عَبْد الرَّحْمَن عَنْ حَفْص بْن عَاصِم عَنْ أَبِي سَعِيد بْن الْمُعَلَّى عَنْ أُبَيّ بْن كَعْب فَذَكَرَ نَحْوه . وَقَدْ وَقَعَ فِي الْمُوَطَّأ لِلْإِمَامِ مَالِك بْن أَنَس رَحِمَهُ اللَّه مَا يَنْبَغِي التَّنْبِيه عَلَيْهِ فَإِنَّهُ رَوَاهُ مَالِك عَنْ الْعَلَاء بْن عَبْد الرَّحْمَن بْن يَعْقُوب الْحَرَقِيّ أَنَّ أَبَا سَعِيد مَوْلَى اِبْن عَامِر بْن كُرَيْزٍ أَخْبَرَهُمْ أَنَّ رَسُولَ اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ نَادَى أُبَيّ بْن كَعْب وَهُوَ يُصَلِّي فِي الْمَسْجِد فَلَمَّا فَرَغَ مِنْ صَلَاته لَحِقَهُ قَالَ فَوَضَعَ النَّبِيّ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ يَده عَلَى يَدَيَّ وَهُوَ يُرِيد أَنْ يَخْرُج مِنْ بَاب الْمَسْجِد ثُمَّ قَالَ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ " إِنِّي لَأَرْجُو أَنْ لَا تَخْرُج مِنْ بَاب الْمَسْجِد حَتَّى تَعْلَم سُورَة مَا أُنْزِلَ فِي التَّوْرَاة وَلَا فِي الْإِنْجِيل وَلَا فِي الْقُرْآن مِثْلهَا " قَالَ أُبَيّ رَضِيَ اللَّه عَنْهُ فَجَعَلْت أُبْطِئ فِي الْمَشْي رَجَاء ذَلِكَ ثُمَّ قُلْت يَا رَسُول اللَّه مَا السُّورَة الَّتِي وَعَدْتنِي ؟ قَالَ " كَيْف تَقْرَأ إِذَا اِفْتَتَحْت الصَّلَاة ؟ قَالَ فَقَرَأْت عَلَيْهِ " الْحَمْد لِلَّهِ رَبّ الْعَالَمِينَ" حَتَّى أَتَيْت عَلَى آخِرهَا فَقَالَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ " هِيَ هَذِهِ السُّورَة وَهِيَ السَّبْع الْمَثَانِي وَالْقُرْآن الْعَظِيم الَّذِي أُعْطِيت " فَأَبُو سَعِيد هَذَا لَيْسَ بِأَبِي سَعِيد بْن الْمُعَلَّى كَمَا اِعْتَقَدَهُ اِبْن الْأَثِير فِي جَامِع الْأُصُول وَمَنْ تَبِعَهُ فَإِنَّ اِبْن الْمُعَلَّى صَحَابِيّ أَنْصَارِيّ وَهَذَا تَابِعِيّ مِنْ مَوَالِي خُزَاعَة وَذَاكَ الْحَدِيث مُتَّصِل صَحِيح وَهَذَا ظَاهِره أَنَّهُ مُنْقَطِع إِنْ لَمْ يَكُنْ سَمِعَهُ أَبُو سَعِيد هَذَا مِنْ أُبَيّ بْن كَعْب فَإِنْ كَانَ قَدْ سَمِعَهُ مِنْهُ فَهُوَ عَلَى شَرْط مُسْلِم وَاَللَّه أَعْلَم عَلَى أَنَّهُ قَدْ رُوِيَ عَنْ أُبَيّ بْن كَعْب مِنْ غَيْر وَجْه كَمَا قَالَ الْإِمَام أَحْمَد : حَدَّثَنَا عَفَّان حَدَّثَنَا عَبْد الرَّحْمَن بْن إِبْرَاهِيم حَدَّثَنَا الْعَلَاء بْن عَبْد الرَّحْمَن عَنْ أَبِيهِ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة رَضِيَ اللَّه تَعَالَى عَنْهُ قَالَ خَرَجَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ عَلَى أُبَيّ بْن كَعْب وَهُوَ يُصَلِّي فَقَالَ " يَا أُبَيّ " فَالْتَفَتَ ثُمَّ لَمْ يُجِبْهُ ثُمَّ قَالَ أُبَيّ فَخَفَّفَ أُبَيّ ثُمَّ اِنْصَرَفَ إِلَى رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ فَقَالَ السَّلَام عَلَيْك أَيْ رَسُول اللَّه فَقَالَ " وَعَلَيْك السَّلَام مَا مَنَعَك أَيْ أُبَيّ إِذْ دَعَوْتُك أَنْ تُجِيبنِي " فَقَالَ أَيْ رَسُول اللَّه إِنِّي كُنْت فِي الصَّلَاة قَالَ " أَوَلَسْت تَجِد فِيمَا أَوْحَى اللَّه إِلَيَّ

 アル・ブハーリー、アブ ダーウード、アン・ナサーイ、イブン マジャもこのハディースを記録している。 

 またイマーム アフマドは、アブ フライラの言ったことを記録している、「アッラーの使徒 {saw} は、ウバイイ ビン カアブ が礼拝している時に出て行き、  (ウバイイよ!) と言った。ウバイイは返事をしなかった。預言者 {saw}  は (ウバイイよ!) と言った。ウバイイは急いで礼拝をしてからアッラーの使徒 {saw} のところに行き、「あなたに平安あれ、アッラーの使徒よ。」 と言った。預言者 {saw} は、 (あなたに平安あれ、ウバイイよ。私が呼んだ時、どうして返事をしなかったのか。) と言った。彼は言った、「アッラーの使徒よ、私は礼拝をしていました。」 預言者 {saw} は言った、

 (アッラーが私に下されたことを読んでいないか。)

[اسْتَجِيبُواْ لِلَّهِ وَلِلرَّسُولِ إِذَا دَعَاكُمْ لِمَا يُحْيِيكُمْ]

 (アッラーと使徒の呼びかけに応えなさい。アッラーが(使徒を通じて)あなたがたを(現世と来世で)生かすために呼びかけたときは。)

قَالَ بَلَى يَا رَسُول اللَّه لَا أَعُود قَالَ

  彼は言った、「アッラーの使徒よ、私は二度と同じことをいたしません。」  預言者 {saw} は言った、

«أَتُحِبُّ أَنْ أُعَلِّمَكَ سُورَةً لَمْ تَنْزِلْ لَا فِي التَّورَاةِ وَلَا فِي الْإِنْجِيلِ وَلَا فِي الزَّبُورِ وَلَا فِي الْفُرْقَانِ مِثْلَهَا؟»

 (他にはタウラー(律法)にも福音書にも詩篇にもフルカーン(クルアーン)にも啓示されていないような章を教えて欲しいか。)

قُلْت نَعَمْ أَيْ رَسُول اللَّه قَالَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ" إِنِّي لَأَرْجُو أَنْ لَا أَخْرُج مِنْ هَذَا الْبَاب حَتَّى تَعْلَمهَا" قَالَ فَأَخَذَ رَسُول اللَّه بِيَدِي يُحَدِّثنِي وَأَنَا أَتَبَطَّأ مَخَافَة أَنْ يَبْلُغ قَبْل أَنْ يَقْضِي الْحَدِيث فَلَمَّا دَنَوْنَا مِنْ الْبَاب قُلْت أَيْ رَسُول اللَّه مَا السُّورَة الَّتِي وَعَدْتنِي ؟ قَالَ " مَا تَقْرَأ فِي الصَّلَاة " ؟ قَالَ فَقَرَأْت عَلَيْهِ أُمّ الْقُرْآن قَالَ

彼は言った、「はい、アッラーの使徒よ。」  アッラーの使徒 {saw} は言った、 (あなたがそれを知る前に私がこの扉から出て行かなければよいと思う。)  彼 (カアブ) は言った、「アッラーの使徒 {saw}  は話している間、私の手を取った。 彼が会話を終える前に扉に着いてしまうのではないかと心配して、私は歩く速さをゆっくりにしていた。扉の近くまで来たとき、私は言った、『アッラーの使徒よ、私に教えてくださると約束された章は何でしょうか。』」 アッラーの使徒 {saw} は言った、 (礼拝で何を読むか。)  ウバイイは言った、「それで私はウンム アル・クルアーンを彼に読誦した。」,

«وَالَّذِي نَفْسِي بِيَدِهِ مَا أَنْزَلَ اللهُ فِي التَّورَاةِ وَلَا فِي الْإِنْجِيلِ وَلَا فِي الزَّبُورِ وَلَا فِي الْفُرْقَانِ مِثْلَهَا إِنَّهَا السَّبْعُ الْمَثَانِي»

 (私の魂が委ねられているお方にかけて。アッラーは律法にも福音にも、詩篇にも、フルカーンにも、その章のようなものを下されなかった。 それは、私に下された七つの繰り返される章である。)

وَرَوَاهُ التِّرْمِذِيّ عَنْ قُتَيْبَة عَنْ الدَّرَاوَرْدِيّ عَنْ الْعَلَائِيّ عَنْ أَبِيهِ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة رَضِيَ اللَّه عَنْهُ فَذَكَرَه وَعِنْده

 アッテイルミズィもこのハディースを記録したが、そちらでは、預言者 {saw}  は次のように言った、

«إِنَّهَا مِنَ السَّبْعِ الْمَثَانِي وَالْقُرْآنِ الْعَظِيمِ الَّذِي أُعْطِيتُهُ»

 (それは七つの繰り返される章と私に下された偉大なるクルアーンである。) そして、アッ・ティルミズィはこのハディースはハサン サヒーフであると述べた。

ثُمَّ قَالَ هَذَا حَدِيث حَسَن صَحِيح وَفِي الْبَاب عَنْ أَنَس بْن مَالِك وَرَوَاهُ عَبْد اللَّه بْن الْإِمَام أَحْمَد عَنْ إِسْمَاعِيل بْن أَبَى مَعْمَر عَنْ أَبَى أُسَامَة عَنْ عَبْد الْحَمِيد بْن جَعْفَر عَنْ الْعَلَاء عَنْ أَبِيهِ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة عَنْ أُبَيّ بْن كَعْب فَذَكَرَه مُطَوَّلًا بِنَحْوِهِ أَوْ قَرِيبًا مِنْهُ وَقَدْ رَوَاهُ التِّرْمِذِيّ وَالنَّسَائِيّ جَمِيعًا عَنْ أَبِي عَمَّار حُسَيْن بْن حُرَيْث عَنْ الْفَضْل بْن مُوسَى عَنْ عَبْد الْحَمِيد بْن جَعْفَر عَنْ الْعَلَاء عَنْ أَبِيهِ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة عَنْ أُبَيّ بْن كَعْب قَالَ : قَالَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ

 この事柄についてアナス ビン マーリクによって伝えられたハディースで似ているものがある。イマーム アフマドの息子アブドッラーもこのハディースを記録している。ウバイイ ビン カアブ からアブ フライラ、さらに長く続いているが、上のハディースと似た文句である。加えて、アッ・ティルミズィとアン・ナサーイはこのハディースをウバイイ ビン カアブからアブ フライラ、の経路で記録し、そのウバイイは、アッラーの使徒 {saw}  が次のように言ったと述べている、

أبيه، عن أبي هريرة، فذكره

 

«مَا أَنْزَل اللهُ فِي التَّورَاةِ وَلَا فِي الْإِنْجِيلِ مِثْلَ أُمِّ الْقُرْآنِ وَهِيَ السَّبْعُ الْمَثَانِي وَهِيَ مَقْسُومَةٌ بَيْنِي وَبَيْنَ عَبْدِي نِصْفَيْنِ»

 (アッラーは律法にも福音にも、ウンム アル・クルアーンに似ているものは下されなかった。 それは、七つの繰り返される章で、アッラーとしもべの間で半々に分けられる。)

هَذَا لَفْظ النَّسَائِيّ وَقَالَ التِّرْمِذِيّ حَدِيث حَسَن غَرِيب

 これがアン・ナサーイによって記録されている言い回しである。アッ・ティルミズィはこのハディースはハサン ガーリブであると述べた。

وَقَالَ الْإِمَام أَحْمَد حَدَّثَنَا مُحَمَّد بْن عُبَيْد حَدَّثَنَا هَاشِم يَعْنِي بْن الْبَرِيد حَدَّثَنَا عَبْد اللَّه بْن مُحَمَّد بْن عَقِيل عَنْ [ اِبْن ] جَابِر قَالَ اِنْتَهَيْت إِلَى رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ وَقَدْ أَهَرَاقَ الْمَاء فَقُلْت السَّلَام عَلَيْك يَا رَسُول اللَّه فَلَمْ يَرُدّ عَلَيَّ قَالَ فَقُلْت السَّلَام عَلَيْك يَا رَسُول اللَّه فَلَمْ يَرُدّ عَلَيَّ قَالَ فَقُلْت السَّلَام عَلَيْك يَا رَسُول اللَّه فَلَمْ يَرُدّ عَلَيَّ قَالَ فَانْطَلَقَ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ يَمْشِي وَأَنَا خَلْفه حَتَّى دَخَلَ رَحْله وَدَخَلْت أَنَا الْمَسْجِد فَجَلَسْت كَئِيبًا حَزِينًا فَخَرَجَ عَلَيَّ رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ وَقَدْ تَطَهَّرَ فَقَالَ " عَلَيْك السَّلَام وَرَحْمَة اللَّه وَبَرَكَاته وَعَلَيْك السَّلَام وَرَحْمَة اللَّه وَبَرَكَاته وَعَلَيْك السَّلَام وَرَحْمَة اللَّه " ثُمَّ قَالَ " أَلَا أُخْبِرُك يَا عَبْد اللَّه بْن جَابِر بِأَخْيَر سُورَة فِي الْقُرْآن ؟ قُلْت بَلَى يَا رَسُول اللَّه قَالَ اِقْرَأْ الْحَمْد لِلَّهِ رَبّ الْعَالَمِينَ حَتَّى تَخْتِمهَا " هَذَا إِسْنَاد جَيِّد وَابْن عَقِيل هَذَا يَحْتَجّ بِهِ الْأَئِمَّة الْكِبَار وَعَبْد اللَّه بْن جَابِر هَذَا الصَّحَابِيّ ذَكَرَ اِبْن الْجَوْزِيّ أَنَّهُ هُوَ الْعَبْدِيّ وَاَللَّه أَعْلَم وَيُقَال إِنَّهُ عَبْد اللَّه بْن جَابِر الْأَنْصَارِيّ الْبَيَاضِيّ فِيمَا ذَكَرَه الْحَافِظ اِبْن عَسَاكِر وَاسْتَدَلُّوا بِهَذَا الْحَدِيث وَأَمْثَاله عَلَى تَفَاضُل بَعْض الْآيَات وَالسُّوَر عَلَى بَعْض كَمَا هُوَ الْمَحْكِيّ عَنْ كَثِير مِنْ الْعُلَمَاء مِنْهُمْ إِسْحَاق بْن رَاهْوَيْهِ وَأَبُو بَكْر بْن الْعَرَبِيّ وَابْن الْحَفَّار مِنْ الْمَالِكِيَّة وَذَهَبَتْ طَائِفَة أُخْرَى إِلَى أَنَّهُ لَا تَفَاضُل فِي ذَلِكَ لِأَنَّ الْجَمِيع كَلَام اللَّه وَلِئَلَّا يُوهِم التَّفْضِيل نَقْص الْمُفَضَّل عَلَيْهِ وَإِنْ كَانَ الْجَمِيع فَاضِلًا نَقَلَهُ الْقُرْطُبِيّ عَنْ الْأَشْعَرِيّ وَأَبِي بَكْر الْبَاقِلَّانِيّ وَأَبِي حَاتِم بْن حِبَّان الْبُسْتِيّ وَأَبِي حَيَّان وَيَحْيَى بْن يَحْيَى وَرِوَايَة عَنْ الْإِمَام مَالِك أَيْضًا حَدِيث آخَر قَالَ الْبُخَارِيّ فِي فَضَائِل الْقُرْآن حَدَّثَنَا مُحَمَّد بْن الْمُثَنَّى حَدَّثَنَا وَهْب حَدَّثَنَا هِشَام عَنْ مُحَمَّد بْن سَعِيد عَنْ أَبِي سَعِيد الْخُدْرِيّ قَالَ : كُنَّا فِي مَسِير لَنَا فَنَزَلْنَا فَجَاءَتْ جَارِيَة فَقَالَتْ إِنَّ سَيِّد الْحَيّ سَلِيم وَإِنَّ نَفَرنَا غَيْب فَهَلْ مِنْكُمْ رَاقٍ ؟ فَقَامَ مَعَهَا رَجُل مَا كُنَّا نَأْبُنُهُ بِرُقْيَةٍ فَرَقَاهُ فَبَرَأَ فَأَمَرَ لَهُ بِثَلَاثِينَ شَاة وَسَقَانَا لَبَنًا فَلَمَّا رَجَعَ قُلْنَا لَهُ أَكُنْت تُحْسِن رُقْيَة أَوْ كُنْت تَرْقِي ؟ قَالَ لَا مَا رَقَيْت إِلَّا بِأُمِّ الْكِتَاب قُلْنَا لَا تُحَدِّثُوا شَيْئًا حَتَّى نَأْتِي وَنَسْأَل رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ فَلَمَّا قَدِمْنَا الْمَدِينَة ذَكَرْنَاهُ لِلنَّبِيِّ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ فَقَالَ :

 また、イマーム アフマドはイブン ジャービルがこのように言ったと記録している、「私はアッラーの使徒 {saw} が (清めのために) 水を注ぎ終わったところへ行き、言った、『あなたに平安あれ、アッラーの使徒よ。』 彼は返事をしなかったので、私は再び言った、『あなたに平安あれ、アッラーの使徒よ。』 それでも彼は返事をしなかったので、また言った、『あなたに平安あれ、アッラーの使徒よ。』  まだ彼は返事をしなかった。アッラーの使徒はそこを離れたので私は彼が家に着くまでついて行った。私はモスクへ行って、落ち込んでそこに座っていた。アッラーの使徒は清めを終えて出てきて言った、 (平安とアッラーのご慈悲があなたの上にあるように。平安とアッラーのご慈悲があなたの上にあるように。平安とアッラーのご慈悲があなたの上にあるように。)  そして彼は言った、(アブドッラー ビン ジャービルよ、 クルアーンの中で一番の章を教えようか。) 私は、『はい、アッラーの使徒よ』 と言った。彼は言った、(`万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ,' を終わりまで読みなさい。)」 このハディースの語り手の継承はよい。

 このハディースに基づき、ある節や章は他のものより徳があると立証する学者もいる。

 さらに、クルアーンの徳についての章で、アル・ブハーリーは、アブ サイード アル・クドリ が次のように言ったと記している、「かつて、旅に出ていたとき、女性の使用人が来て言った、『この地域の長が毒を盛られましたが、人々は遠くに行っています。あなた方の中に助けてくださる方はおられませんか。』 すると、ある人が立ち上がったが、その人の治療の技術は私たちの中で特に抜きん出たものではなかった。ところが彼はその長のためにルクヤを読み、長の具合はよくなった。彼はその長から羊30頭を贈り物として、それからミルクも与えられた。 彼が戻ってきたとき、私たちは言った、『なにか (新しい) 治療を知っているのか。それとも前にしたことがあるのか。』  彼は言った、『ウンム アル・キターブをルクヤとして用いただけだ。』 私たちは言った、『アッラーの使徒に聞くまでこれ以上何もしないでおこう。』 そしてアル・マディーナに戻ってから、起こったことを預言者 {saw} に話した。 預言者 {saw} は言った、   

«وَمَا كَانَ يُدْرِيهِ أَنَّهَا رُقْيَةٌ اقْسِمُوا وَاضْرِبُوا لِي بِسَهْمٍ»

 (誰が彼にそれがルクヤであると教えたのか。(羊を)分けて私の分もいくらか取って置くように。)

وَقَالَ أَبُو مَعْمَر حَدَّثَنَا عَبْد الْوَارِث حَدَّثَنَا هِشَام حَدَّثَنَا مُحَمَّد بْن سِيرِينَ حَدَّثَنِي مَعْبَد بْن سِيرِينَ عَنْ أَبِي سَعِيد الْخُدْرِيّ بِهَذَا وَهَكَذَا رَوَاهُ مُسْلِم وَأَبُو دَاوُدَ مِنْ رِوَايَة هِشَام وَهُوَ اِبْن حَسَّان عَنْ اِبْن سِيرِينَ بِهِ وَفِي بَعْض رِوَايَات مُسْلِم لِهَذَا الْحَدِيث أَنَّ أَبَا سَعِيد الْخُدْرِيّ هُوَ الَّذِي رَقَى ذَلِكَ السَّلِيم يَعْنِي اللَّدِيغ يُسَمُّونَهُ بِذَلِكَ تَفَاؤُلًا. حَدِيث آخَر : رَوَى مُسْلِم فِي صَحِيحِهِ وَالنَّسَائِيّ فِي سُنَنه مِنْ حَدِيث أَبِي الْأَحْوَص سَلَّام بْن سُلَيْم عَنْ عَمَّار بْن زُرَيْق عَنْ عَبْد اللَّه بْن عِيسَى بْن عَبْد الرَّحْمَن بْن أَبَى لَيْلَى عَنْ سَعِيد بْن جُبَيْر عَنْ اِبْن عَبَّاس قَالَ : بَيْنَا رَسُول اللَّه صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ وَعِنْده جِبْرَائِيل إِذْ سَمِعَ نَقِيضًا فَوْقه فَرَفَعَ جِبْرِيل بَصَره إِلَى السَّمَاء فَقَالَ " هَذَا بَاب قَدْ فُتِحَ مِنْ السَّمَاء مَا فُتِحَ قَطُّ " قَالَ فَنَزَلَ مِنْهُ مَلَك فَأَتَى النَّبِيّ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ فَقَالَ : " أَبْشِرْ بِنُورَيْنِ قَدْ أُوتِيتهمَا لَمْ يُؤْتَهُمَا نَبِيّ قَبْلَك فَاتِحَة الْكِتَاب وَخَوَاتِيم سُورَة الْبَقَرَة لَمْ تَقْرَأ حَرْفًا مِنْهَا إِلَّا أُوتِيته " وَهَذَا لَفْظ النَّسَائِيّ وَلِمُسْلِمٍ نَحْوه : حَدِيث آخَر قَالَ مُسْلِم حَدَّثَنَا إِسْحَاق بْن إِبْرَاهِيم الْحَنْظَلِيّ هُوَ اِبْن رَاهْوَيْهِ حَدَّثَنَا سُفْيَان بْن عُيَيْنَةَ عَنْ الْعَلَاء يَعْنِي اِبْن عَبْد الرَّحْمَن بْن يَعْقُوب الْخَرَقِيّ عَنْ أَبِي هُرَيْرَة رَضِيَ اللَّه عَنْهُ عَنْ النَّبِيّ صَلَّى اللَّه عَلَيْهِ وَسَلَّمَ قَالَ :

 また、ムスリムは 『サヒーフ集』 に、アン・ナサーイは 『スナン』 に、イブン アッバースがこう言ったと記録している、「ジブリールがアッラーの使徒といた時、上から音がした。ジブリールは空を見上げて言った、『これは天国の一つの扉が開かれているのだ。その扉は以前に一度も開かれたことがなかった。』 1 天使がその扉から降りて預言者のところに来て言った、『あなた以前の預言者には与えられなかった、あなたが与えられた二つの光についてのよい知らせを受けなさい。啓典の開端の章と、雌牛章の最後の(三つの)節である。その文字を読まないが、それは益をもたらす。』」 これがアン・ナサーイによって収められた文面である (アル・クブラ 5:12)。ムスリムのも同じようなものである (1:554)。

فقال: أبشر بنورين قد أوتيتهما لم يؤتهما نبي قبلك: فاتحة الكتاب، وخواتيم سورة البقرة، ولن تقرأ حرفًا منهما إلا أوتيته. وهذا لفظ النسائي.

 

  アル・ファーティハと礼拝

 

 ムスリムはアブ フライラが伝えたこととして、預言者 {saw} が次のように言ったと記録している、

«مَنْ صَلَى صَلَاةً لَمْ يَقْرَأْ فِيهَا أُمَّ الْقُرْآنِ فَهِيَ خِدَاجٌ ثَلَاثًا غَيْرُ تَمَامٍ»

 (どの礼拝を行うときでも、ウンム アル・クルアーンを読まなければ、その者の礼拝は不完全である。)  彼はこれを三度言った。

 فقيل لأبي هريرة: إنا نكون وراء الإمام، قال: اقرأ بها في نفسك؛ فإني سمعت رسول الله صلى الله عليه وسلم



 アブ フライラはたずねられた、「 私たちがイマームの後ろに立つ(とき)」  彼は言った、「それを心の中で読みなさい。アッラーの使徒 {saw} がこう言うのを聞いたから、 


« قَالَ اللَّهُ عَزَّ وَجَلَّ: قَسَمْتُ الصّلَاةَ بَيْنِي وَبَيْنَ عَبْدِي نِصْفَيْنِ وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ فَإِذَا قَالَ:
﴿الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ﴾، قَالَ اللهُ: حَمِدَنِي عَبْدِي وَإِذَا قَالَ:
﴿الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ﴾، قَالَ اللهُ: أَثْنى عَلَيَّ عَبْدِي، فَإذَا قَالَ:
﴿مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ﴾، قَالَ اللهُ: مَجَّدَنِي عَبْدِي وَقَالَ مَرَّةً: فَوَّضَ إِلَيَّ عَبْدِي فَإِذَا قَالَ:
﴿إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ﴾، قَالَ: هذَا بَيْنِي وَبَيْنَ عَبْدِي وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ، فَإِذَا قَالَ:
﴿اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ - صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ ﴾، قَالَ اللهُ: هذَا لِعَبْدِي وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ»


 (至高なるアッラーが仰せられた、「われは礼拝(アル・ファーティハ)をわれわがしもべの間で半々に分けた。わがしもべは求めるものを得るだろう。

[الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ]

 しもべが (万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ,) と言えば、

 アッラーは、「わがしもべはわれを称賛した。」 と仰せられる。

[الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ]

 しもべが (慈悲あまねく慈愛深き御方,) と言えば、

 アッラーは、「わがしもべはわれの栄光を讃えた。」 と仰せられる。

[مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ]

 彼が (最後の審きの日の主宰者に。) と言えば、

 アッラーは、「わがしもべはわれの栄光を讃えた。」 または、「わがしもべはすべてをわれに帰している。」 と仰せられる。 

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ]

 (わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う。) と言えば、

 アッラーは、「これはわれとわがしもべの間のことである。わがしもべは求めたものを得るであろう。」 と仰せられる。

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ - صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ,あなたが御恵みを下された人々の道に,あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。) と言えば、

 アッラーは、「これはわれとわがしもべの間のことである。わがしもべは求めたものを得るであろう。」 と仰せられる。 

 これはアン・ナサーイの言葉である。一方、ムスリムとアン・ナサーイの両方が、次の文言を収めている、「その半分はわれの、もう半分はわがしもべのためである。わがしもべは求めたものを得るであろう。」

 

 このハディースの説明

 

 最後のハディースでは、クルアーンの読誦 (この場合、アル・ファーティハのこと) について触れるのに 「礼拝」という語が使われている。別の節でアッラーが仰せられているのと同じように、

[وَلاَ تَجْهَرْ بِصَلاتِكَ وَلاَ تُخَافِتْ بِهَا وَابْتَغِ بَيْنَ ذَالِكَ سَبِيلاً]

 (礼拝の折には,声高に唱えてはならない。また(余り)低く唱えてもいけない。その中間の道をとれ。) [17:110] は、イブン アッバースによるサヒーフが示すように、クルアーンを読む時である。また、最後のハディースでアッラーは仰せられた、「われは礼拝をわれ自身とわがしもべの間で半々にわけた。半分はわれの、もう半分はわがしもべのものである。わがしもべは求めたものを得るであろう。」 アッラーは次にアル・ファーティハを読む際の分割のことを説明され、礼拝にクルアーンを読むことの重要性を説かれた。礼拝の最重要事項の一つである。そのようなわけで、ここで話題に上っているのはクルアーンの読誦についてであり、それは実際には礼拝の一部のことであるのだが、「礼拝」という語が用いられているのである。同様に、礼拝を意味するところで 「読む」という語が用いられている。次のアッラーの御言葉にあるように、

 [وَقُرْءَانَ الْفَجْرِ إِنَّ قُرْءَانَ الْفَجْرِ كَانَ مَشْهُودًا]

 (また暁には礼拝をしなさい。本当に暁の礼拝には立会人がいる。) [17:78] ファジュルの礼拝に関して。二つのサヒーフ集に、夜と昼の天使がその礼拝に立ち会うと記録がある。

 

 礼拝のラカート毎にアル・ファーティハを読むことが必要である

 

 これらの事すべてが、礼拝でクルアーン (アル・ファーティハ) を読まなければならないという要件の証明となる。この決まりは学者たちの間で合意されている。先に挙げたハディースもこの事実を証明している。預言者 {saw} は次のように言ったのである、

«مَنْ صَلَّى صَلَاةً لَمْ يَقْرَأْ فِيهَا بِأُمِّ الْقُرْآنِ فَهِيَ خِدَاجٌ»

 (どの礼拝を行うときでも、ウンム アル・クルアーンを読まなければ、その者の礼拝は不完全である。)

 それに二つのサヒーフ集に、ウバーダ ビン アッサーミトの伝えることとしてアッラーの使徒 {saw} が次のように言ったと記録がある。  

«لَا صَلَاةَ لِمَنْ لَمْ يَقْرَأْ بِفَاتِحَةِ الْكِتَابِ»

 (誰にとっても啓典の開端を読まない礼拝はない。)

 イブン フザイマとイブン ヒッバーンのサヒーフ集にもアブ フライラの伝えることとしてアッラーの使徒 {saw} が次のように言ったと記録されている。

«لَا تُجْزِئُ صَلَاةٌ لَا يُقْرَأُ فِيهَا بِأُمِّ الْقُرآنِ»

 (礼拝の間にウンム アル・クルアーンが読まれなければ、その礼拝は無効である。)

 この事についてほかにも多くのハディースがある。したがって、礼拝中ラカア毎に、イマームとイマームの後ろで礼拝している人々がクルアーンの開端を読むことは、常に必須である。

 

 

الكلام على تفسير الاستعاذة

イスティアーザ(ご加護を請うこと)のタフスィール

アッラーは仰せられた、

[خُذِ الْعَفْوَ وَأْمُرْ بِالْعُرْفِ وَأَعْرِض عَنِ الْجَاهِلِينَ - وَإِمَّا يَنَزَغَنَّكَ مِنَ الشَّيْطَانِ نَزْغٌ فَاسْتَعِذْ بِاللَّهِ إِنَّهُ سَمِيعٌ عَلِيمٌ ]

 ((ムハンマドよ)寛容を守り,道理にかなったことを勧め,無知の者から遠ざかれ。また悪魔からの中傷があなたを悩ました時は,アッラーの加護を求めなさい。本当にかれは全聴にして全知であられる。) (7:199-200),

[ادْفَعْ بِالَّتِى هِىَ أَحْسَنُ السَّيِّئَةَ نَحْنُ أَعْلَمُ بِمَا يَصِفُونَ - وَقُلْ رَّبِّ أَعُوذُ بِكَ مِنْ هَمَزَاتِ الشَّياطِينِ - وَأَعُوذُ بِكَ رَبِّ أَن يَحْضُرُونِ ]

 (善行によって,悪を撃退せよ。われはかれらの言うことを熟知している。そして(祈って)言いなさい。「主よ,悪魔たちの囁きに対し,あなたの加護を願います。主よ,かれらがわたしに近付かないよう,あなたの加護を願います。」) (23:96-98) 

[وَلاَ تَسْتَوِى الْحَسَنَةُ وَلاَ السَّيِّئَةُ ادْفَعْ بِالَّتِى هِىَ أَحْسَنُ فَإِذَا الَّذِى بَيْنَكَ وَبَيْنَهُ عَدَاوَةٌ كَأَنَّهُ وَلِىٌّ حَمِيمٌ - وَمَا يُلَقَّاهَا إِلاَّ الَّذِينَ صَبَرُواْ وَمَا يُلَقَّاهَآ إِلاَّ ذُو حَظِّ عَظِيمٍ - وَإِمَّا يَنزَغَنَّكَ مِنَ الشَّيْطَانِ نَزْغٌ فَاسْتَعِذْ بِاللَّهِ إِنَّهُ هُوَ السَّمِيعُ الْعَلِيمُ ]

 (善と悪とは同じではない。(人が悪をしかけても)一層善行で悪を追い払え。そうすれば,互いの間に敵意ある者でも,親しい友のようになる。だがよく耐え忍ぶ者たちの外には,それは成し遂げられないであろう。格別幸運な者たちの外には,それを成し遂げられないのである。それからもし,悪魔の扇動が,あなたを唆かしたならば(どんな場合でも)アッラーの御加護を祈れ。本当にかれは全聴にして全知であられる。) (41:34-36) ここに挙げたのは三つの節にすぎない。アッラーは私たちに、人間の敵に寛大であるようにと命ぜられている。優しい性質によって敵を味方、支援者にできるかもしれない。 また、シェイターンという敵からの加護を求めるようにと命ぜられる。なぜなら、私たちが親切に温和に接してもシェイターンは敵に対し同情的な態度にでることなどないからである。シェイターンはアーダムの子孫の破滅を望むだけである。人類の祖アーダムに対し、彼はずっと激しい敵意と憎悪を抱いてきたためである。アッラーは仰せられた、 

[يَابَنِى آدَمَ لاَ يَفْتِنَنَّكُمُ الشَّيْطَانُ كَمَآ أَخْرَجَ أَبَوَيْكُم مِّنَ الْجَنَّةِ]

 (アーダムの子孫よ,あなたがたは悪魔に惑わされてはならない。かれが昔,あなたがたの祖先を,楽園から追い出だしたように。) (7:27),

[إِنَّ الشَّيْطَانَ لَكُمْ عَدُوٌّ فَاتَّخِذُوهُ عَدُوّاً إِنَّمَا يَدْعُو حِزْبَهُ لِيَكُونُواْ مِنْ أَصْحَابِ السَّعِيرِ ]

 (本当にシャイターンはあなたがたの敵である。だから敵として扱え。かれは,只燃えさかる火獄の仲間とするために自分の手下を招くだけである。) (35:6)

[أَفَتَتَّخِذُونَهُ وَذُرِّيَّتَهُ أَوْلِيَاءَ مِن دُونِي وَهُمْ لَكُمْ عَدُوٌّ ۚ بِئْسَ لِلظَّالِمِينَ بَدَلًا]

 (それなのにあなたがたはわれを差し置いて,かれとその子孫を保護者とするのか。かれらはあなたがたにとり敵ではないか。不義の徒は何と忌まわしい交換をするものか。) (18:50).

 シェイターンは彼に忠告したいとアダムに請け負った。しかし、彼は嘘をついていた。次のように誓った後、シェイターンは私たちにどのようになりえただろうか。 

[فَبِعِزَّتِكَ لأغْوِيَنَّهُمْ أَجْمَعِينَإِلاَّ عِبَادَكَ مِنْهُمُ الْمُخْلَصِينَ ]

 (「それでは,あなたの御威光にかけて誓います。わたしはかれら(人間)凡ての者を誘惑します。かれらの中の,あなたの謙虚なしもべを除いては。」) (38:82-83)

 アッラーはまた、こう仰せられた、

[فَإِذَا قَرَأْتَ الْقُرْءَانَ فَاسْتَعِذْ بِاللَّهِ مِنَ الشَّيْطَانِ الرَّجِيمِ ]
[إِنَّهُ لَيْسَ لَهُ سُلْطَانٌ عَلَى الَّذِينَ ءَامَنُواْ وَعَلَى رَبِّهِمْ يَتَوَكَّلُونَ - إِنَّمَا سُلْطَانُهُ عَلَى الَّذِينَ يَتَوَلَّوْنَهُ وَالَّذِينَ هُم بِهِ مُشْرِكُونَ ]

 (あなたがクルアーンを読唱する時は,忌まわしきシャイターンに対して,アッラーの御加護を祈れ。 信仰して主に縋る者に対しては,(悪魔)はどんな権威も持たない。(悪魔)の権威は,只かれを保護者とした者,そしてかれに同位者を配した者の上に及ぶだけである。) (16:98-100).

 

 クルアーンを読む前にご加護を求めること

 

 アッラーは仰せられた、

[فَإِذَا قَرَأْتَ الْقُرْءَانَ فَاسْتَعِذْ بِاللَّهِ مِنَ الشَّيْطَانِ الرَّجِيمِ ]

 (あなたがクルアーンを読唱する時は,忌まわしきシャイターンに対して,アッラーの御加護を祈れ。)  クルアーンを読誦する前に、ということである。同様に、アッラーは仰せられた、

[إِذَا قُمْتُمْ إِلَى الصَّلوةِ فاغْسِلُواْ وُجُوهَكُمْ وَأَيْدِيَكُمْ]

 (あなたがたが礼拝に立つ時は,顔と,両手を肘まで洗い,) (5:6)  先に挙げたハディースによって立証されているように、礼拝に立つ前に、ということである。イマーム アフマドは、アブ サイード アル・フドリがこう言ったと記録している、「アッラーの使徒 {saw} が夜に礼拝に立つとき、タクビール ("アッラーフアクバル'' アッラーは至大なり、と言うこと) で礼拝を始め、それから次のように言っていた、  

«سُبْحَانَكَ اللَّهُمَّ وَبِحَمْدِكَ، وَتَبَارَكَ اسْمُكَ، وَتَعَالَى جَدُّكَ، وَلَا إِلَهَ غَيْرُكَ»

 (アッラーよ、あなたに賞賛と讃美あれ。あなたの御名は祝福され、あなたの貴さは至高です。あなたの他に神はおりせん。)

 それから彼は次の言葉を三度言った、

«لَا إِلَهَ إِلَّا اللهُ»

 (アッラーのほかに崇拝に値するものはありません。)

 それから言った、

«أَعُوذُ بِاللهِ السَّمِيعِ الْعَلِيمِ مِنَ الشَّيْطَانِ الرَّجِيمِ مِنْ هَمْزَهِ وَنَفْخِهِ وَنَفْثِهِ»

 (呪うべきシェイターンから、そして彼が押し付けてくるもの、吐き出してくるもの、吹き付けてくるものから、アッラーにお守りを請い願います。 あなたはよく聞かれよくご存知のお方です。)

 このハディースは四つのスナン集著者により記録され、アッ・ティルミズィはそれを、この主題に関するものの中でもっとも知られているハディースであると述べている。アブ ダーウード と イブン マジャ は、ジュバイル ビン ムティイムが父親が次のように言ったと記録している、「アッラーの使徒 {saw} が礼拝を始めるとき、彼は言った、 

«اللهُ أَكْبَرُ كَبِيرًا ثَلَاثًا الْحَمْدُ للهِ كَثِيرًا ثَلَاثًا سُبْحَانَ اللهِ بُكْرَةً وَأَصِيلًا ثَلَاثًا اللَّهُمَّ إِنِّي أَعُوذُ بِكَ مِنَ الشَّيْطَانِ الرَّجِيمِ مِنْ هَمْزِهِ وَنَفْخِهِ وَنَفْثِهِ»

 (アッラーはこの上なく至大なり (三回)、あらゆる称賛はすべてアッラーのもの (三回)、昼も夜もすべての誉れはアッラーのもの (三回)。アッラーよ。私はあなたに呪うべきシェイターンから、そして彼が押し付けてくるもの、吐き出してくるもの、吹き付けてくるものから、加護を請います。) アムルは 「ハムズは 窒息、ナフクは傲慢、ナフスは詩のことである。」 と言った。 アッラーの使徒 {saw} は次のように言った。それは イブン マスウードが耳にしたもので、彼から アブ アブドッラフマーン アッ・スラミ へ、そして アタ ビン アッサイブ へ、そして、イブン フダイル へ、そして アリ ビン アル・ムンズィル へと伝えられたもので、イブン マジャ が記録した。

«اللَّهُمَّ إِنِّي أَعُوذُ بِكَ مِنَ الشَّيطَانِ الرَجِيمِ وَهَمْزِهِ وَنَفْخِهِ وَنَفْثِهِ»

 (アッラーよ、私はあなたに呪うべきシェイターンから、そして彼のハムズ、ナフク、ナフスからの加護を請います。)  イブン マスウードは、「ハムズは死、ナフクは傲慢、ナフスは詩のことである」 と言った。

 

怒っている時にアッラーにご加護を求めること

 

 著書『ムスナド』に、アル・ハフィズ アブ ヤアラ アフマド ビン アリ ビン アッサンマ アル・マウスィリは、ウバイイ ビン カアブが次のように言ったと記録している、「二人の男性がアッラーの使徒 {saw} の前で言い争っていた。その一人の鼻はあまりの怒りに腫れていた。アッラーの使徒 {saw} は言った、 

«إِنِّي لَأَعْلَمُ شَيْئًا لَوْ قَالَهُ لَذَهَبَ عَنْهُ مَا يَجِدُ: أَعُوذُ بِاللهِ مِنَ الشَّيْطَانِ الرَّجِيمِ»

 (私はある事を知っていて、それを言えば彼が抱くものも消えうせる。「私はアッラーに呪うべきシェイターンからのご加護を求めます。」 である。)

 アン・ナサーイもその著 『アル・ヤウム ワル・ライラ』 にこのハディースを記している。

 アル・ブハーリーは、スライマーン ビン スラドがこのように言ったと記録している、「私たちが預言者 {saw} と座っていた時、その前で二人の男性が言い争っていた。 一方はもう一方を罵り、顔は怒りで真っ赤になっていた。預言者 {saw} は言った、

«إِنِّي لَأَعْلَمُ كَلِمَةً لَوْ قَالَهَا لَذَهَبَ عَنْهُ مَا يَجِدُ، لَوْ قَالَ: أَعُوذُ بِاللهِ مِنَ الشَّيْطَانِ الرَّجِيمِ»

 (言えば、彼が抱くものも消えうせる言葉を私は知っている。私はアッラーに呪うべきシェイターンからのご加護を求めます である。) 彼らはその人に言った、『アッラーの使徒 {saw} が言われることを聞かないか。』 彼は言った、『私は今正気ではない。』」 ムスリム、アブ ダーウード、アン・ナサーイもこのハディースを記録している。

 アッラーにご加護を求めることについてのハディースはほかにも多くある。これについては祈願の書、正しい行いの書から知ることができる。

 

  イスティアーザ(ご加護を求めること)は命ぜられているか

 

 学者の大半が、(礼拝時、また、クルアーンを読む時に)イスティアーザを唱えることは推奨されていることで、不可欠なことではないとみなしている。したがって、それを言わないことは罪とならない。しかしながら、アッラズィは、アタ ビン アビ ラバフ がイスティアーザは礼拝時とクルアーンを読む時には不可欠なことであると言ったと記録している。アタの言葉を裏付けるものとして、アッラズィは次の節が明らかに意味することを挙げている、 

[فَاسْتَعِذْ]

 (御加護を祈れ) 彼はこの節はそれを実行することを要求する命令であると言う。それに預言者 {saw} はいつもイスティアーザを言っていた。加えて、イスティアーザはシェイターンの悪を撃退するが、シェイターンの悪を撃退することは必要な事である。宗教上の必要条件を実行するために必要とされる手段は、その手段自体も命じられているということである。 「私はアッラーに呪うべきシェイターンからのご加護を請います。」 と言えば、それで十分である。

 

  イスティアーザの徳

 

 イスティアーザは、悪い言葉に耽った後の口から汚れを取り払う。また、口を清め、アッラーの御言葉を読誦する準備をする。イスティアーザを唱えることは必然的に、アラーのお助けを求めて、彼が全能であることを認めることになる。しもべが従順さを表し、内の敵に向かい合ったときの弱さ、無能さを認めることでもある。その敵を撃退し打ち負かすことができるのは、その敵を創造されたアッラーだけである。この敵は、人間の敵と違って、懇意を受け付けない。 このことを確認する節がクルアーンに三つある。アッラーは仰せられた、

[إِنَّ عِبَادِى لَيْسَ لَكَ عَلَيْهِمْ سُلْطَانٌ وَكَفَى بِرَبِّكَ وَكِيلاً ]

 (「あなたは,われのしもベに対して何の権威も持たない。」 あなたの主は,信頼する方として万全である。) (17:65).

 ここで述べておかなくてはならない。(人間である)敵に殺された信者は殉教者となるが、内部の敵、つまりシェイターンの犠牲となった人は堕落者となる。このような内の敵に負かされる人が得るのは罪を犯すことで、悪い方へ導かれる一方、はっきりとした敵、つまり不信者に負かされた信者は報奨を授かる。人には見えないが、シェイターンのほうでは人を見ているので、シェイターンが目にすることのできないお方に、シェイターンからの加護を求めるのは適切なことである。イスティアーザはアッラーに近づく一つの形で、あらゆる悪い被造物の悪からの加護をにお願いすることである。

 

 فصل معنى الاستعاذة

イスティアーザの意味

 

 イスティアーザは、「呪うべきシェイターンが私の宗教的あるいは世俗的な事柄に関与することがないよう、また、命じられていることを私が固守しようとするのをじゃますることのないよう、また、禁じられていることへ私を誘惑することのないよう、私はアッラーにご加護を請います。」 という意味である。実際、シェイターンの悪がアダムの子に触れるのを防ぐことができるのはアッラーだけである。アッラーが私たちに、人間の悪魔には寛容に親切にすることを許されたのは、柔和な性質で彼が耽っている悪から手を引かせることができるかもしれないためである。しかし、アッラーは、シェイターンの悪に対しては、アッラーに助けを求めるように私たちに命ぜられている。なぜなら、芯からの邪悪であるシェイターンには賄賂も効き目がないし、親切にしても何の効果もないからである。したがって、シェイターンを創造されたお方だけが、その悪を止めることができる。この意味は、クルアーンの中で三つの節にだけ繰り返されている。アッラーは高壁章で仰せられた、  

[خُذِ الْعَفْوَ وَأْمُرْ بِالْعُرْفِ وَأَعْرِض عَنِ الْجَاهِلِينَ ]

 (寛容を守り,道理にかなったことを勧め,無知の者から遠ざかれ。) (7:199)

 これは人間とのやり取りについてである。それから同じ章で仰せられた、 

[وَإِمَّا يَنَزَغَنَّكَ مِنَ الشَّيْطَانِ نَزْغٌ فَاسْتَعِذْ بِاللَّهِ إِنَّهُ سَمِيعٌ عَلِيمٌ ]

 (また悪魔からの中傷があなたを悩ました時は,アッラーの加護を求めなさい。本当にかれは全聴にして全知であられる。) (7: 200)

 アッラーは信者たち章でも仰せられた、

[ادْفَعْ بِالَّتِى هِىَ أَحْسَنُ السَّيِّئَةَ نَحْنُ أَعْلَمُ بِمَا يَصِفُونَ - وَقُلْ رَّبِّ أَعُوذُ بِكَ مِنْ هَمَزَاتِ الشَّياطِينِ - وَأَعُوذُ بِكَ رَبِّ أَن يَحْضُرُونِ ]

 (善行によって,悪を撃退せよ。われはかれらの言うことを熟知している。そして(祈って)言いなさい。「主よ,悪魔たちの囁きに対し,あなたの加護を願います。主よ,かれらがわたしに近付かないよう,あなたの加護を願います。」)

 さらにアッラーはサジダ章で仰せられた、

[وَلاَ تَسْتَوِى الْحَسَنَةُ وَلاَ السَّيِّئَةُ ادْفَعْ بِالَّتِى هِىَ أَحْسَنُ فَإِذَا الَّذِى بَيْنَكَ وَبَيْنَهُ عَدَاوَةٌ كَأَنَّهُ وَلِىٌّ حَمِيمٌ - وَمَا يُلَقَّاهَا إِلاَّ الَّذِينَ صَبَرُواْ وَمَا يُلَقَّاهَآ إِلاَّ ذُو حَظِّ عَظِيمٍ - وَإِمَّا يَنزَغَنَّكَ مِنَ الشَّيْطَانِ نَزْغٌ فَاسْتَعِذْ بِاللَّهِ إِنَّهُ هُوَ السَّمِيعُ الْعَلِيمُ ]

 (善と悪とは同じではない。(人が悪をしかけても)一層善行で悪を追い払え。そうすれば,互いの間に敵意ある者でも,親しい友のようになる。だがよく耐え忍ぶ者たちの外には,それは成し遂げられないであろう。格別幸運な者たちの外には,それを成し遂げられないのである。それからもし,悪魔の扇動が,あなたを唆かしたならば(どんな場合でも)アッラーの御加護を祈れ。本当にかれは全聴にして全知であられる。) (41:34-36). 


 

 

 悪魔はなぜシェイターンと呼ばれるか

 

 アラビア語でシェイターンは、「遠いもの」 を意味するシャタンに由来している。つまり、シェイターンは人間と異なる性質を持つもので、その罪深いやり方は、あらゆる種類の正しさから遠く離れている。また、シェイターンは火から創られたことから、シャータ (字義どおりには「燃やされた」) に由来するとも言われた。最初の意味の方がもっともらしいとしながらも、どちらの意味も正しいという学者もいる。

 [وقال سيبويه: العرب تقول: تشيطن فلان إذا فَعَل فِعْل الشيطان ولو كان من شاط لقالوا: تشيط]

 スィーブーヤフSiybawayh (有名なアラブ言語学) は言った、 「アラブ人は悪事を犯したとき、 『誰々がタシャイタンした』 と言う。もしシェイターンがシャータから来ているなら、『 (タシャイタンした、よりも) タシャイヤタした』 と言っていただろう。」 したがって、シェイターンは「遠いもの」という意味のほうに由来している。だから、ジンや人間の中でほかの人に災いとなる者のことを「シェイターン」と呼ぶのである。アッラーは仰せられた、

 

[وَكَذَلِكَ جَعَلْنَا لِكُلِّ نِبِىٍّ عَدُوّاً شَيَاطِينَ الإِنْسِ وَالْجِنِّ يُوحِى بَعْضُهُمْ إِلَى بَعْضٍ زُخْرُفَ الْقَوْلِ غُرُوراً]

 (こうしてわれは,どの預言者にも一つの敵を作った。それは,人間とジンの中の悪魔であって,そのある者が他を感激させ,はなやかな言葉で,唆し騙している。) (6:112).

 イマーム アフマドは 『ムスナド』 に、アブ ザッルがこのように言ったと記録している、「アッラーの使徒 {saw} が言った、

«يَا أَبَا ذَرَ تَعَوَّذْ بِاللهِ مِنْ شَيَاطِينِ الْإِنْسِ وَالْجِنِّ»

 (アブ ザッルよ、アッラーに人間とジンのシェイターンからのご加護を求めなさい。) 私はたずねた、『人間のシェイターンがいるのですか。』 彼 {saw} は (そうだ) と言った。」

 『サヒーフムスリム』 には、アブ ザッルが伝えることとしてアッラーの使徒 {saw} が次のように言ったことが記録されている、

«يَقْطَعُ الصَّلَاةَ الْمَرْأَةُ وَالْحِمَارُ وَالْكَلْبُ الْأَسْوَدُ»

 ((礼拝時にストラを置いて礼拝しない人の前を横切ると) 女性、ろば、黒い犬は礼拝を妨げる。)  アブ ザッルは言った、「私は言った、『黒い犬と赤や黄色の犬とどう違うのですか。』 すると彼 {saw} は言った、

«الْكَلْبُ الْأَسْوَدُ شَيْطَانٌ»

 (黒い犬はシェイターンである。)

 イブン ジャリール アッタバリは、ウマル ビン アル・ハッターブ が一度ベルサウン (巨大な駱駝) に乗ったときのことを記録している。駱駝は横柄な態度で進み始めた。ウマルはその動物を打ち続けたが、それは傲慢な調子で歩き続けた。ウマルはそれを降りて言った、『アッラーに誓って。あなたは私をシェイターンに乗せた。私は心に何か変なものを感じたので、それを降りたのだ。』 このハディースは語り手の継承経路が確かである。

 

 

 アッ・ラジームの意味

 

 アッラジームは、あらゆる種類の正しいことから追放されていることを意味する。アッラーは仰せられた、 

[وَلَقَدْ زَيَّنَّا السَّمَآءَ الدُّنْيَا بِمَصَابِيحَ وَجَعَلْنَاهَا رُجُوماً لِّلشَّيَاطِينِ]

 (かれは灯明(星)をもって,最下層の天を飾り,悪魔たちに対する礫(流星)となし,) (67:5).

 アッラーはまた仰せられた、

[إِنَّا زَيَّنَّا السَّمَآءَ الدُّنْيَا بِزِينَةٍ الْكَوَاكِبِ - وَحِفْظاً مِّن كُلِّ شَيْطَانٍ مَّارِدٍ - لاَّ يَسَّمَّعُونَ إِلَى الْمَلإِ الاٌّعْلَى وَيُقْذَفُونَ مِن كُلِّ جَانِبٍ - دُحُوراً وَلَهُمْ عَذابٌ وَاصِبٌ - إِلاَّ مَنْ خَطِفَ الْخَطْفَةَ فَأَتْبَعَهُ شِهَابٌ ثَاقِبٌ ]

 (本当にわれは,星々で下層の天を飾り,(アッラーの命令に)逆らう悪魔にたいする守りとした。かれらは八方から撃たれ,最高の会議を盗み聞くことは出来ない。撃退されて,かれらは永久の懲罰を受ける。盗聴し得た者があっても,白熱の炎が追跡する。) (37:6-10).

 また、アッラーは仰せられた、

[وَلَقَدْ جَعَلْنَا فِي السَّمَاءِ بُرُوجًا وَزَيَّنَّاهَا لِلنَّاظِرِينَ - وَحَفِظْنَاهَا مِن كُلِّ شَيْطَانٍ رَّجِيمٍ - إإِلَّا مَنِ اسْتَرَقَ السَّمْعَ فَأَتْبَعَهُ شِهَابٌ مُّبِينٌ ]

 (われは天に星座を定めて見る者に美しく眺めさせ,また,呪われた凡ての悪魔からもそれらを守る。だが盗み聞きする者は別で,かれは紛いのない炎(流星)に追いかけられる。) (15:16-18).  ほかにも似たような節がある。

 ラジームは物事を投げかけたり、物事を攻め立てる人のことであるとも言われた。なぜなら、シェイターンは人々の胸に疑問ややましい考えを投げかけるので。最初の意味のほうが一般的で的確である。

 

 ビスミッラーはアル・ファーティハの一番目の節である

 

 教友はアッラーの書をビスミッラーで始めた。 

[بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ]

 (1. 慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。)

 学者は、ビスミッラーが 27. 蟻章の一節に含まれていることに同意している。しかし、それが各章の前につく独立した節であるかどうか、一つの節であるのか、または各章の始まりの節に含まれている一部であるのか、には一致していない。

 

وفي سنن أبي داود بإسناد صحيح، عن ابن عباس، رضي الله عنهما، أن رسول الله صلى الله عليه وسلم كان لا يعرف فصل السورة حتى ينـزل عليه ( بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ) وأخرجه الحاكم أبو عبد الله

النيسابوري في مستدركه أيضًا

، وروي مرسلا عن سعيد بن جُبَير. وفي صحيح ابن خزيمة، عن أم سلمة: أن رسول الله صلى الله عليه وسلم قرأ البسملة في أول الفاتحة في الصلاة وعدّها آية، لكنه من

رواية عمر بن هارون البلخي، وفيه ضعف، عن ابن جُرَيْج، عن ابن أبي مُلَيْكَة، عنها

 .وروى له الدارقطني متابعًا، عن أبي هريرة مرفوعًا

. وروى مثله عن علي وابن عباس وغيرهما

.وممن حكي عنه أنها آية من كل سورة إلا براءة: ابن عباس، وابن عمر، وابن الزبير، وأبو هريرة، وعليّ. ومن التابعين: عطاء، وطاوس، وسعيد بن جبير، ومكحول، والزهري، وبه يقول عبد الله بن

 

 アッダールクトゥニ は、預言者 {saw} からアブ フライラが伝えるあるハディースを記録していて、それは、イブン フザイマによるこのハディースを裏付けている。ほかにもアリ イブン アッバースなどに帰する似た文言がある。

 ビスミッラーが、第9章を除く各章の一節であるという意見は、イブン アッバース、イブン ウマル、イブン アッズバイル、アブ フライラ、アリら (教友たち) に帰する。この意見は、アター、ターウス、サイード ビン ジュバイル、マクフール、アッズフリー ら タービイーン にも帰する。アブドッラー ビン アル・ムバーラク、アッシャーフィイー、アフマド ビン ハンバル(論文の一つで)、イスハーク ビン ラーフワイフ、アブ ウバイド アル・カースィム ビン サラームの見解でもある。他方、マーリク、アブ ハニーファと彼らの弟子たちは、ビスミッラーはアル・ファーティハの一節でも他の章の一節でもないと述べた。ダーウードは、各章の始まりにおかれる分離した節で、章の一部ではないと言い、これもアフマド ビン ハンバルに帰している。

  وإسحاق بن رَاهوَيه،

 

 礼拝時にバスマラを声に出して言うこと

 

 礼拝中にバスマラを声に出して言うことについては、バスマラがアル・ファーティハの一部であるとみなさない人は、声に出して言うべきではないとする。ビスミッラーが (第9章を除く) 各章の一部であるとみなす学者の意見は様々である。たとえばアッシャフィイーらはアル・ファーティハと共にビスミッラーを声に出して唱えるべきであると言っているが、これは教友、タービイーン、サラフや後代のイマームの多くの見解でもある。イブン アブドルバッルとアル・バイハキによると、アブ フライラ、イブン ウマル、イブン アッバース、ムアウィヤ、ウマル、アリ らがそうである。アル・ハーティブの報告によると、四カリファもこの意見であったという。彼らの報告には矛盾があるのであるが。 このタフスィールをつけるタービイーン学者には、サイード ビン ジュバイル、イクリマ、アブ キラバ、アッズフリ、アリ ビン アル・ハサンと息子ムハンマド、サイード ビン アル・ムサイイブ、アター、タウス、ムジャーヒド、サリーム、ムハンマド ビン カアブ アル・クラズィ、アブ バクル ビン ムハンマド ビン アムル ビン ハズム、アブ ワイル、イブン スィリン、ムハンマド ビン アル・ムンカディル、アリ ビン アブドッラー ビン アッバースと息子ムハンマド、イブン ウマルの解放奴隷ナフィイ、ザイド ビン アスラム、ウマル ビン アブドルアズィーズ、アル・アズラク ビン カイス、ハビーブ ビン アビ タビト、アブ アッシャアサ、マフル、アブドッラー ビン マアキル ビン ムカッリンがいる。アル・バイハキはこれにアブドッラー ビン サフワン、ムハンマド ビン アル・ハナフィーヤを加えている。イブン アブドルバッルはアムル ビン ディナールを加えた。

 上記の学者が根拠とするのは、ビスミッラーがアル・ファーティハの一部であるため、アル・ファーティハのほかの部分と同様に声に出して読むべきであるというものである。アン・ナサーイはその著 スナン に、イブン ヒッバーンとイブン フザイマはそれぞれのサヒーフ集に、アル・ハーキムはムスタドゥラクに、アブ フライラが礼拝をし、ビスミッラーを声に出して言っていたと記録している。礼拝を終えた時、彼は言った、「あなた方の前で、私はアッラーの使徒 {saw} が行った礼拝にもっとも近い礼拝を行った。」 アッダールクトゥニ、アル・ハーティブ、アル・バイハキ等はこのハディースをサヒーフ(真正)に位置づけた。 『サヒーフ ブハーリー』 には、アナス ビン マーリクが預言者の読誦について聞かれたときのことが記されている。彼は、「彼の読誦はせわしくなかった。」 と言ってから、それをやってみせ、ビスミッラーヒッラフマーニッラヒームを長くのばしながら読んだ。イマーム アフマドの 『ムスナド』、アブ ダーウードの 『スナン』、イブン ヒッバーンの 『サヒーフ』、アル・ハーキムの 『ムスタドゥラク』 には、ウンム サラマがこう言ったと記録されている、「アッラーの使徒 {saw} は読誦するとき、各節を区別していた。、

 [بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ - الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ - الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ - مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ]

 (慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。- 万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ,-  慈悲あまねく慈愛深き御方,- 最後の審きの日の主宰者に。)

 アッダールクトゥニは、このハディースの継承経路をサヒーフと位置づけた。イマーム アブ アブドッラー アッシャフィイー (ラヒマフッラー) とアル・ハーキムは 『ムスタドゥラク』 で、ムアウィヤがアル・マディーナで礼拝を先頭に立って導いたとき、ビスミッラーを言わなかったと記録している。その礼拝に居合わせたムハッジリーン(移住者)たちはそのことを批判した。ムアウィヤが次の礼拝を導いた時、ビスミッラーを声に出していったという。

 上に挙げたハディースは、ビスミッラーを声に出して唱えるという意見を固めるのに十分な証拠となる。それと反対の意見に関する証拠や継承経路の厳密な分析は脆弱で、この点について論じるのは意に染まない。

فأما المعارضات والروايات الغريبة، وتطريقها، وتعليلها وتضعيفها، وتقريرها، فله موضع آخر.

 

 それ以外の学者は、ビスミッラーは礼拝中には声に出して唱えるものではないと述べた。それはアブドッラー ビン ムガッファル、タービイーンと後代のいく人かの学者同様、四カリファの確立した慣習でもある。また、アブ ハニーファ、アッサウリ、アフマド ビン ハンバルの見解である。

   イマーム マーリクは、ビスミッラーは声に出して唱えるのでもなく、黙って唱えるのでもないと述べた。このグループが根拠にするのはイマーム ムスリムが記録したことである。それによると、アーイシャが言うには、アッラーの使徒 {saw} はタクビール (アッラーフアクバル、アッラーは至大なり) を唱えて礼拝を始め、それから

[الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ]

 (万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ) を唱えたという。(イブン アビ ハーティム 1:12).

 二つのサヒーフは、アナス ビン マーリク が、「私は、預言者 {saw} 、アブ バクル ウマル、ウスマーンの後ろで礼拝をしたが、彼らは 

[الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ]

 (万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ) で礼拝を始めていた。」 と言ったことを記録している。

 ムスリムは、こう加えている、「そして、彼らは読誦の前にも後にも

[بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ]

 (慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。) と言っていなかった。」 

 同様のことがアブドッラー ビン ムガッファル (ra) のスナン集にも記録されている。 

 これらが敬われるべきイマームたちによる見解であり、アル・ファーティハを声に出して読む者も、黙読する者も、その礼拝は正しいということに一致している点では似通っている。

 あらゆる恩恵はアッラーからのもの。

 ولله الحمد والمنة

فصل
في فضلها

アル・ファーティハの徳

 

 イマーム アフマドは 『ムスナド』 に、預言者 {saw} の後ろに乗っていたある人がこのように言ったと記録している、「預言者の動物が躓いたので、私が 『呪うべきシェイターン』 と言うと、預言者は言った、 

«لَا تَقُلْ: تَعِسَ الشَّيْطَانُ، فَإِنَّكَ إِذَا قُلْتَ: تَعِسَ الشَّيْطَانُ، تَعَاظَمَ وَقَالَ: بِقُوَّتِي صَرَعْتُهُ، وَإِذَا قُلْتَ: بِاسْمِ اللهِ تَصَاغَرَ حَتى يَصِيرَ مِثْلَ الذُبَابِ»

 ( 「呪うべきシェイターン」 と言うのではない。あなたがその言葉を言うと、シェイターンは高慢になって言う、「私の強さで彼を落としたのだ。」と。もしあなたが「ビスミッラー」と言えば、シェイターンはハエほどにも小さくなる。)

 アン・ナサーイの 『アル・ヤウム ワッ・ライラ』、イブン マルドゥウヤのタフスィールには、ウサマ ビン ウマイルが、「私が預言者 {saw} の後ろに乗っていて・・・」 と言い、上のハディースと同じ内容を続けて話したと記されている。そちらでは、預言者 {saw} は、

«لَا تَقُلْ هكَذَا فَإِنَّهُ يَتَعَاظَمُ حَتَّى يَكُونَ كَالْبَيْتِ، وَلكِنْ قُلْ: بِسْمِ اللهِ، فَإنَّهُ يَصْغَرُ حَتَّى يَكُونَ كَالذُبَابَةِ»

 (その言葉を言うのではない。そうするとシェイターンは大きくなって、家ほどの大きさになるから。それより、「ビスミッラー」と言いなさい。そうするとシェイターンはハエほどの小ささになる。)

 これが、ビスミッラーと唱えることの徳である。

  

 何らかの事を行う前にバスマラは推奨される

 

 何らかの事を始める前にはバスマラ(ビスミッラーと言うこと)が推奨される。たとえば、バスマラはフトゥバ(説教)を始める前にも推奨されている。

 寛ぎの場所に入る前にも奨められていて、ハディースもある。沐浴の前にも。イマーム アフマドとスナンの編纂者たちは、アブ フライラ、サイード ビン ザイド、アブ サイード が伝えたことを記録している。預言者 {saw} は言った、

 «لَا وُضُوءَ لِمَنْ لَمْ يَذْكُرِ اسْمَ اللهِ عَلَيْهِ»

 (アッラーの御名に言及しなかった人に有効な沐浴はない。)

 このハディースはハサン (良好) である。 食べ物を口にする前にもバスマラは推奨される。ウマル ビン アビ サラマが子どもだった頃、預言者 {saw} が世話した時に彼に言ったことを、ムスリムがサヒーフに記録している、 

«قُلْ بِسْمِ اللهِ وَكُلْ بِيَمِينِكَ وَكُلْ مِمَّا يَلِيكَ»

 (ビスミッラーと言いなさい。右手で食べなさい。自分の隣にあるものから食べなさい。)

 食べる前のバスマラは義務であるという学者もいる。性交前のバスマラも推奨されている。二つのサヒーフ集が、イブン アッバースの伝えることとして、アッラーの使徒 {saw} がこのように言ったと記録している、

«لَوْ أَنَّ أَحَدَكُمْ إِذَا أَرَادَ أَنْ يَأْتِيَ أَهْلَهُ قَالَ: بِسْمِ اللهِ اللَهُمَّ جَنِّبْنَا الشَّيْطَانَ وَجَنِّبِ الشَّيْطَانَ مَا رَزَقْتَنَا،فَإنَّهُ إِنْ يُقَدَّرْ بَيْنَهُمَا وَلَدٌ لَمْ يَضُرَّهُ الشَّيْطَانُ أَبَدًا»

 (妻と性交しようとする前に、「アッラーの御名において。アッラーよ、私たちをシェイターンからお守りください。あなたがお授けくださるもの(つまり、子孫)もシェイターンからお守りください。」 と言えば、その時に子どもが与えられることになっていたとして、シェイターンはその子に害を加えることはできないだろう。)

 

 アッラーの意味

 

 アッラーは至高なる主の御名である。アッラーはアッラーのもっとも偉大な御名であると言われる。アッラーはその多様な属性によって描写されているが、その時引き合いに出されるのはアッラーであるためである。たとえば、アッラーはこのように仰せられた、

[هُوَ اللَّهُ الَّذِى لاَ إِلَـهَ إِلاَّ هُوَ عَالِمُ الْغَيْبِ وَالشَّهَادَةِ هُوَ الرَّحْمَانُ الرَّحِيمُ - هُوَ اللَّهُ الَّذِى لاَ إِلَـهَ إِلاَّ هُوَ الْمَلِكُ الْقُدُّوسُ السَّلَامُ الْمُؤْمِنُ الْمُهَيْمِنُ الْعَزِيزُ الْجَبَّارُ الْمُتَكَبِّرُ سُبْحَانَ اللَّهِ عَمَّا يُشْرِكُونَ - هُوَ اللَّهُ الْخَالِقُ الْبَارِىءُ الْمُصَوِّرُ لَهُ الاٌّسْمَآءُ الْحُسْنَى يُسَبِّحُ لَهُ مَا فِى السَّمَاوَاتِ وَالاٌّرْضِ وَهُوَ الْعَزِيزُ الْحَكِيمُ ]

 (かれこそは,アッラーであられる。かれの外に神はないのである。かれは幽玄界と現象界を知っておられ,慈悲あまねく慈愛深き御方であられる。かれこそは,アッラーであられる。かれの外に神はないのである。至高の王者,神聖にして平安の源であり,信仰を管理し,安全を守護なされ,偉力ならびなく全能で,限りなく尊い方であられる。アッラーに讃えあれ。(かれは)人が配するものの上に(高くおられる)。かれこそは,アッラーであられる。造物の主,造化の主,形態を授ける(主であり),最も美しい御名はかれの有である。天地の凡てのものは,かれを讃える。本当にかれは偉力ならびなく英明であられる。) (59:22-24).

 このようにアッラーは、アッラーという御名が表す属性として、いくつかの別の御名を挙げられた。 同様に、アッラーは仰せられた、 

[وَللَّهِ الأَسْمَآءُ الْحُسْنَى فَادْعُوهُ بِهَا]

 (最も美しい凡ての御名はアッラーに属する。それでこれら(の御名)で,かれを呼びなさい。) (7:180)

[قُلِ ادْعُواْ اللَّهَ أَوِ ادْعُواْ الرَّحْمَانَ أَيًّا مَّا تَدْعُواْ فَلَهُ الاٌّسْمَآءَ الْحُسْنَى]

 (言ってやるがいい。「アッラーに祈れ。慈悲深い御方に祈りなさい。どの御名でかれに祈ろうとも,最も美しい御名は,凡てかれに属する。」) (17:110)

 二つのサヒーフ集にもアブ フライラの伝えることとして、アッラーの使徒 {saw} が次のように言ったことが記録されている、

«إِنَّ للهِ تِسْعَةً وَتِسْعِينَ اسْمًا، مِائَةً إِلَا وَاحِدًا، مَنْ أَحْصَاهَا دَخَلَ الْجَنَّةَ»

 (アッラーには99、100-1 の御名がある。誰でもその数を数え (て心に留め) る者は天国に入るだろう。)

 これらの名前は、若干違う点があるにせよ、アッ・ティルミズィ、イブン マジャによって記録されたハディースに挙げられている。

 

 

 アッ・ラフマーン アッ・ラヒーム の意味 - 慈悲深く、慈愛あまねく

 

 アッラフマーン と アッラヒーム は、二つとも アッラフマ (慈悲) に由来する名前であるが、ラフマーン には、アッラフマーン よりも慈悲に直接関係のあるより多くの意味がある。 この意味についての合意を示す、イブン ジャリールによる文言がある。 アル・クルトゥビも、「これらの名が アッラフマーンに由来するという証拠に、アッ・ティルミズィが記録し、サヒーフに分類したハディースがある。アブドッラフマーン ビン アウフはアッラーの使徒 {saw} がこのように言うのを聞いた、 

«قَالَ اللهُ تَعَالى: أَنَا الرَّحْمانُ خَلَقْتُ الرَّحِمَ وَشَقَقْتُ لَهَا اسْمًا مِنِ اسْمِي، فَمَنْ وَصَلَهَا وَصَلْتُهُ وَمَنْ قَطَعَها قَطَعْتُهُ»

 (至高なるアッラーは仰せられた、「われは アッラフマーン である。われは ラヒム (子宮、つまり家族関係) を創り、われの名にちなみそれを名付けた。  したがって、誰でもそれを維持する者には、われも彼とのつながりを保つであろう。だが、誰でもそれを断つ者には、われも彼とのつながりを断つであろう。」)  それから彼は言った、

 「これが由来について述べられていることである。アラブ人は、アッラーとかれの属性について無知であったために アッラフマーン という名を拒否した。」

 アル・クルトゥビ は言った、「アブ ウバイド が言ったように、アッラフマーン と アッラヒーム の両方とも 同じ意味がある。それは ナドゥマン と ナーディム という言葉のようなものである。」 アブ アリ アル・ファリスィ は言った、「アッラフマーン は アッラーだけのもので、アッラーがお持ちであるあらゆる種類のご慈悲を含む御名である。アッラヒーム はアッラーが次のように仰せられた通り、信者に及ぼされるものである。 

[وَكَانَ بِالْمُؤْمِنِينَ رَحِيماً]

 (かれは真の信者に,慈悲深くあられる。) 」 (33:43)

 イブン アッバース は、アッラフマーン と アッラヒーム について言った、「それは二つのやさしい御名である。そのうち一方はもう一方よりもやさしい。  (慈悲の含みがより強いということ)」

 イブン ジャリール は言った、「ウスマーン ビン ズファル から聞いて アッスッリ ビン ヤフヤー アッタミミ が私に伝えたことによると、アル・アズラミ が アッラフマーン と アッラヒーム について、『かれは かれが創造した万物に アッラフマーン で、信者たちに アッラヒーム である。』 と言った。」 そのため、アッラーは仰せられた、

[ثُمَّ اسْتَوَى عَلَى الْعَرْشِ الرَّحْمَانُ]

 (それから玉座に鎮座なされる慈悲深き御方であられる。) (25:59)

[الرَّحْمَانُ عَلَى الْعَرْشِ اسْتَوَى ]

 (慈悲深き御方は,玉座に鎮座なされる。) (20:5)

 アッラー は このように、かれの御名 アッラフマーン と共に イスタワ (玉座に鎮座されること) について言及された。  かれのご慈悲があらゆる被造物に行き渡るということを示している。アッラーは仰せられた、

[وَكَانَ بِالْمُؤْمِنِينَ رَحِيماً]

 (かれは真の信者に,慈悲深くあられる。)  (33:43)  したがって、かれの御名 アッラヒーム で信者たちを取り囲まれる。 「アッラフマーンが、アッラーが創造されたものへのかれのご慈悲に深く関る意味でより広い範囲に及ぶものであるという事実がここに確証されている。アッラヒーム は、信者たちだけのものである。」 と説明される。 しかし、次のような祈願の言葉があることも触れておかなければならない。 

«رَحْمانَ الدُّنْيَا وَالْآخِرَةِ وَرَحِيمَهُمَا»

 (ラフマーン と ラヒーム は 現世と来世である。)

 アッラーの御名 アッラフマーン は唯一かれのものである。たとえば、アッラーはこのように仰せられた、

[قُلِ ادْعُواْ اللَّهَ أَوِ ادْعُواْ الرَّحْمَانَ أَيًّا مَّا تَدْعُواْ فَلَهُ الاٌّسْمَآءَ الْحُسْنَى]  

 (言ってやるがいい。「アッラーに祈れ。慈悲深い御方に祈りなさい。どの御名でかれに祈ろうとも,最も美しい御名は,凡てかれに属する。」) (17:110)

[وَاسْئلْ مَنْ أَرْسَلْنَا مِن قَبْلِكَ مِن رُّسُلِنَآ أَجَعَلْنَا مِن دُونِ الرَّحْمَانِ ءَالِهَةً يُعْبَدُونَ ]

 (あなた以前にわれが遣わした,使徒たちに問いなさい。われは,慈悲深き御方以外に仕えるべき神々を置いたのか。) (43:45)

 嘘つきムサイリマ が自身を ヤマーマ の ラフマーン と呼んだとき、アッラー は彼が 「嘘つき」 という名で知られるようにし、彼の事を暴かれた。そのため、ムサイリマ という名が挙げられるときはいつも 「嘘つき」 と表現される。 彼は各都市や村の住民の間で、また砂漠の民ベドウィンの間で、嘘つきの代表となった。

 それゆえアッラーはまず最初にかれの御名のうちアッラーを挙げられた。それはかれだけのもので、その御名は アッラフマーン という他の誰にも許されないもう一つの御名によって説明されている。 こうアッラーが仰せられているように、

[قُلِ ادْعُواْ اللَّهَ أَوِ ادْعُواْ الرَّحْمَانَ أَيًّا مَّا تَدْعُواْ فَلَهُ الاٌّسْمَآءَ الْحُسْنَى]

 (言ってやるがいい。「アッラーに祈れ。慈悲深い御方に祈りなさい。どの御名でかれに祈ろうとも,最も美しい御名は,凡てかれに属する。」)  (17:110)

 ムサイリマや、彼の誤った道に導かれている者だけが、ムサイリマを アッラフマーン という言葉で描写している。

 アッラヒーム という御名については、アッラーはその名でほかの者を表現しておられる。たとえば、アッラーは次のように仰せられた、

[لَقَدْ جَآءَكُمْ رَسُولٌ مِّنْ أَنفُسِكُمْ عَزِيزٌ عَلَيْهِ مَا عَنِتُّمْ حَرِيصٌ عَلَيْكُمْ بِالْمُؤْمِنِينَ رَءُوفٌ رَّحِيمٌ ]

 (今,使徒があなたがたにあなたがたの間から,やって来た。かれは,あなたがたの悩みごとに心を痛め,あなたがたのため,とても心配している。信者に対し優しく,また情深い。) (9:128).

 アッラーはまた、かれが創造したもののうちある物をかれの他の名前を使って表した。たとえば、

[إِنَّا خَلَقْنَا الإِنسَانَ مِن نُّطْفَةٍ أَمْشَاجٍ نَّبْتَلِيهِ فَجَعَلْنَاهُ سَمِيعاً بَصِيراً ]

 (本当にわれはかれを試みるため混合した一滴の精液から人間を創った。それでわれは聴覚と視覚をかれに授けた。) (76:2).

 結論を言えば、アッラーの御名のうち、アッラー以外のものの名として使われるものもある。一方で、アッラー、アッラフマーン、アル・ハリク (創造主)、アッラズィク (維持する主) 等のように、ただアッラーのみに使われるものもある。

 したがって、アッラー は タスミーヤ (「慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名によって」)をかれの御名アッラーで始められ、ご自身を、アッラヒーム より柔らかく一般的な アッラフマーン と表された。もっとも尊い御名はアッラーがそこに示されたように、始めに挙げられているのである。

 ウンム サラマによって伝えられるハディースによると、アッラーの使徒は一字一字ゆっくりと明瞭に読んだ。

[بِسْمِ اللَّهِ الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ - الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ - الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ - مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ]

 (慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。-  万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ,- 慈悲あまねく慈愛深き御方,- 最後の審きの日の主宰者に。)  (1:1-4)

 そして、このようにある学者の一団は読誦している。別の学者たちはタスミヤからアル・ハムドをつなげて読む。

 

 

 [الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ]

 (2. 万有の主アッラーにこそアル・ハムドあれ)

 

 アル・ハムド の意味

 

 アブ ジャアファル ビン ジャリール は、

[الْحَمْدُ للَّهِ]

 (アル・ハムド リッラー) (アッラーにこそ凡ての称讃あれ)  の意味は、すべての感謝はただアッラーのみに捧げられる。かれの代わりに崇められているいかなる物とも、かれが創造されたいかなるものとも違う唯一の神である。その感謝の気持ちは、アッラーの計り知れない (アッラーだけがその量をご存知であられる) ご厚意と恩恵によるものである。アッラーの恩恵は、被造物がかれを崇めるのに使う道具の創造、かれのご命令を実行するための肉体の創造、かれがこの世で供給してくださる食物の創造、かれが人間に与えてくださる快適な生活もすべてそうである。かれは何からも誰からも強制されることなくとも、そうしてくださっている。アッラーはまた、被造物に警告を与え、永遠に続く至福の住みかに住むための方法と手段について注意された。このような、始めから終わりまで何もかもに及ぶ恩恵に対し、あらゆる感謝と称賛はアッラーに向けられる。」 

 イブン ジャリールは次の節についても注釈した、 

[الْحَمْدُ للَّهِ]

 (アル・ハムド リッラー) は、「アッラーがご自身に向けられる称賛で、しもべに、彼らもかれを称賛しなければならないと示されている。 『アッラーにこそ凡ての称讃あれ、と言いなさい』 と仰せられているようなものである。 

[الْحَمْدُ للَّهِ]

 (アッラーにこそ凡ての称讃あれ) は、アッラーをもっとも美しい御名、もっとも貴い属性をもって讃えるということである。 『アッラーにこそ凡ての称讃あれ』 と言うとき、彼はかれのご厚意と恩恵に感謝しているということになる。」

 

 

 称賛と感謝の違い

 

 称賛と感謝の違いは、誰かの性質や行いを褒める文言では称賛のほうがより全体的である。感謝は、性質だけでなく、なされたことに捧げられる。

 

 ذكر أقوال السلف في الحمد

アル・ハムドについてのサラフの言葉

 

 ハフスによると、ウマルはアリに言った、「ラーイラーハイッラッラー、スブハーナッラー、アッラーフアクバル について知っているが、アル・ハムドリラー についてはどうか。」 アリは言った、「アッラーがご自身に好まれる言葉は、かれを喜ばせるものである。またかれはそれが繰り返されるのを好まれる。」 イブン アッバースは言った、「アル・ハムドリラーは感謝の言葉である。しもぺが アルハムドリラー と言うと、アッラーは、「わがしもべはわれを称賛した」 と仰せられる。」 イブン アビ ハーティムがこのハディースを記録している。

 

 

 

 アル・ハムドの徳

 

 イマーム アフマド ビン ハンバル の記録によると、アル・アスワド ビン サリ がこう言った、「私は言った、『アッラーの使徒よ、至大なる私の主を讃える言葉を挙げました。それを言いましょうか。』 すると預言者 {saw} は言った、

 «أَمَا إِنَّ رَبَّكَ يُحِبُّ الْحَمْدَ»

 (まことに、あなたの主は アル・ハムド がお好きであられる。)

 アン・ナサーイ もこのハディースを収録している。 アブ イーサー アッ・ティルミズィ、アン・ナサーイ、イブン マジャ は、 タルハ ビン キラシュ から ムーサ ビン イブラーヒーム ビン カスィール に伝えられたこととして、ジャービル ビン アブドッラー が アッラーの使徒 {saw} がこのように言うのを聞いたと記録している、

«أَفْضَلُ الذِّكْرِ لَا إِلهَ إِلَّا اللهُ، وَأَفْضَلُ الدُّعَاءِ الْحَمْدُ لله»

 (もっともよいズィクル (アッラーを唱えること) は、ラーイラーハイッラッラーで、もっともよい嘆願の言葉は アル・ハムドリラー である。)

 アッ・ティルミズィ はこのハディース を ハサン ガーリブ であるとした。イブン マジャ は、アッラーの使徒 {saw} が次のように言ったと アナス ビン マーリク が述べたことを記録している、

«مَا أَنْعَمَ اللهُ عَلَى عَبْدٍنِعْمَةً فَقَالَ: الْحَمْدُ للهِ، إِلَّا كَانَ الَّذِي أَعْطَى أَفْضَلَ مِمَّا أَخَذَ»

 (アッラーはしもべに恵みをお授けにならなかった。それで彼は言った、「アル・ハムドリラー」彼が与えられたものが得たものより良いのでないならば。 )

(No servant is blessed by Allah and says,`Al-Hamdu Lillah', except that what he was given is better than that which he has himself acquired.)

 イブン マジャ は スナンに、イブン ウマルが伝えたこととしてアッラーの使徒 {saw} がこのように言ったと記録している、

«إِنَّ عَبْدًا مِنْ عِبَادِ اللهِ قَالَ:يَا رَبِّ لَكَ الْحَمْدُ كَمَا يَنْبَغِي لِجَلَالِ وَجْهِكَ وَعَظِيمِ سُلْطَانِكَ. فَعَضَلَتْ بِالْمَلَكَيْنِ فَلَمْ يَدْرِيَا كَيْفَ يَكْتُبَانِهَا فَصَعِدَا إِلَى اللهِ فَقَالَا: يَا رَبَّنَا إِنَّ عَبْدًا قَدْ قَالَ مَقَالَةً لَا نَدْرِي كَيْفَ نَكْتُبُهَا، قَالَ اللهُ، وَهُوَ أَعْلَمُ بِمَا قَالَ عَبْدُهُ: مَاذَا قَالَ عَبْدِي؟ قَالَا: يَا رَبِّ إِنَّهُ قَالَ: لَكَ الْحَمْدُ يَا رَبِّ كَمَا يَنْبَغِي لِجَلَالِ وَجْهِكَ وَعَظِيمِ سُلْطَانِكَ. فَقَالَ اللهُ لَهُمَا: اكْتُبَاهَا كَمَا قَالَ عَبْدِي، حَتَّى يَلْقَانِي فَأَجْزِيهِ بِهَا.»

 (アッラーのしもべの一人が言った、「アッラーよ、アル・ハムド はあなたにあれ。それは、あなたの御顔の優美さとあなたの至上の権威の偉大さにふさわしいものです。」 二人の天使は彼の言った言葉をどのように書いたらよいか困惑し、アッラーの元へ上がっていった。「主よ、しもべの一人があることを言いましたが、それをどのように記録したらよいか分かりません。」 アッラーは、かれのしもべが言ったことについて誰よりもご存知であられたが、こう仰せられた、「われのしもべが何と言ったのか。」 天使たちは言った、「彼はこう言いました、『アッラーよ、アル・ハムド はあなたにあれ。それは、あなたの御顔の優美さとあなたの至上の権威の偉大さにふさわしいものです。』 と。」 アッラーは仰せられた、「わがしもべが言った通りに記しておけ。彼がわれに会うとき、それに対し報奨を授けよう。」)

 

 

 ハムドの前のアルは、アッラーへのあらゆる種類の感謝を含む

 

 ハムドの前にある アリフ と ラーム の文字は、至高なるアッラーへの感謝があらゆる種類のものに関ることを示している。あるハディースで述べられている、

«اللَّهُمَّ لَكَ الْحَمْدُ كُلُّهُ، وَلَكَ الْمُلْكُ كُلُّهُ، وَبِيَدِكَ الْخَيْرُ كُلُّهُ، وَإِلَيْكَ يُرْجَعُ الْأَمْرُ كُلُّهُ»

 (アッラーよ、すべての アル・ハムド はあなたのものです。あなたは万物を所有され、あらゆる良いものはあなたの御手にあり、森羅万象はあなたからのものです。)

 

 

 アッ・ラッブ の意味、主

 

 アッラッブ は、その所有しているものについて全権を持つ主のことである。 言語的にはある物ごとを率いる権限を持つ主人、あるいは人を意味する。これらの意味はすべてアッラーを表すのに正しい。 

 (ラッブという語はアッラーだけに使われる。アッラー以外のものに使う場合は、ラッブ アッダール 「その家の主人」 というように、 「何何の主人」 という。アッラッブ はアッラーの偉大な御名である。)

 

 アル・アーラミーンの意味

 

 アル・アーラミーン は アラム の複数形であり、 アッラーを除くあらゆる存在を包含する。アラム という語自体は複数形で、単数形はない。アル・アーラミーン は天と地、陸と海に存在する諸々の被造物である。各世代の被造物みながアラムと呼ばれる。」 アル・ファッラ と アブ ウバイド は言った、「アラムには思考を持つものすべてが含まれる。つまり、ジン、人間、天使、悪魔、である。しかし、動物は含まれない。」 ザイド ビン アスラム と アブ ムハイスィン は言った、「アラム は アッラーが魂を込めて創造されたものすべてである。」 またカターダは、  

[رَبِّ الْعَالَمِينَ]

 (万有の主) について、「あらゆる被造物は アラム である。」 と言った。アッジャジュは言った、「アラム は この世と来世にアッラーが創造されたものすべてを含む。」 アル・クルトゥビ は 注釈した、「アラム は両方の世界に アッラー が創造されたものすべてを含むというのが正しい意味である。  アッラーは仰せられた、

[قَالَ فِرْعَوْنُ وَمَا رَبُّ الْعَالَمِينَ - قَالَ رَبُّ السَّمَاوَاتِ وَالاٌّرْضِ وَمَا بَيْنَهُمَآ إِن كُنتُمْ مُّوقِنِينَ ]

 (フィルアウンは言った。「万有の主とは、何ですか。」 - かれ(ムーサー)は言った。「天と地、そしてその間の凡ての有の主であられます。あなたがたがもし(これを)悟ったならば。」) (26:23-24).

 

 被造物がなぜアラムと呼ばれるか

 

 アラム は、アラマ に由来している。それは創造主の存在とかれの唯一性を証明する印であるためである。」

 

 

 [الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ]

 (3. アッラフマーン (慈悲あまねく)  アッラヒーム(慈愛深き御方,))

 

[الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ]

 (アッラフマーン (慈愛あまねき)  アッラヒーム(慈悲深い御方,))   この御名についてはバスマラのところで説明した。 アル・クルトゥビ は言った、「アッラーは、(万有の主) と言った後で (アッラフマーニッラヒーム) と言ってご自身を表現された。つまりこのかれの御言葉は、警戒、そして励ましを含むものである。同様に、仰せられている、

[نَبِّئْ عِبَادِي أَنِّي أَنَا الْغَفُورُ الرَّحِيمُ - ووَأَنَّ عَذَابِي هُوَ الْعَذَابُ الْأَلِيمُ ]

 (われのしもべたちに,「われは本当に,寛容で慈悲深い者であり,われの懲罰は,本当に痛苦な懲罰である。」と告げ知らせなさい。) (15:49-50) 

[إِنَّ رَبَّكَ سَرِيعُ الْعِقَابِ وَإِنَّهُ لَغَفُورٌ رَّحِيمٌ]

 (あなたの主は懲罰する際は極めて速い。しかし,本当にかれは寛容にして慈悲深くあられる。) (6:165) 」

 したがって、アッラフマーニッラヒーム に励ましが込められている一方で、ラッブ には警告が込められている。ムスリム は 『サヒーフ』 にアッラーの使徒 {saw} がこのように言ったと記録した、 

«لَوْ يَعْلَمُ الْمُؤْمِنُ مَا عِنْدَ اللهِ مِنَ الْعُقُوبَةِ مَا طَمِعَ فِي جَنَّتِهِ أَحَدٌ، وَلَوْ يَعْلَمُ الْكَافِرُ مَا عِنْدَ اللهِ مِنَ الرَّحْمَةِ مَا قَنَطَ مِنْ رَحْمَتِهِ أَحَدٌ»

 (もし信者たちが、アッラーの用意されている懲罰がどんなものかを知っていたなら、天国を切望する者はいなかっただろう。もし不信心者がアッラーのご慈悲について知っていたら、かれの稼ぐものについて希望を失う者はいないだろう。)

 

 

 

 [مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ]

 (4. 最後の審きの日の主宰者に。)

 

 審判の日の主宰を示している

 

アッラーは復活の日のかれの権威について触れられているが、これは他の全てのものの上にあるかれの主権を否定するのではない (つまり、かれの権威はその日に限ったことではない)。アッラーは、この地上の世界でも来世でも万物の存在の主であると仰せられているからである。アッラーがここで復活の日に言及されているのは、その日、かれ以外の誰もいかなる物についても所有権を主張することができないために他ならない。

 . その日、かれのお許しがなければ誰も話すことができない。同様に、アッラーは仰せられている、

[يَوْمَ يَقُومُ الرُّوحُ وَالْمَلَائِكَةُ صَفّاً لاَّ يَتَكَلَّمُونَ إِلاَّ مَنْ أَذِنَ لَهُ الرَّحْمَانُ وَقَالَ صَوَاباً ]

 (聖霊と天使たちが,整列して立つ日,慈悲深き御方から御許しを得て正しいことを言う者以外には,誰も口をきくことが出来ない。) (78:38)

[وَخَشَعَتِ الأَصْوَاتُ لِلرَّحْمَانِ فَلاَ تَسْمَعُ إِلاَّ هَمْساً]

 (その日かれらは呼び手に従い逸れるわけにはいかない。慈悲深い御方の御前では,声は低くなり,忍び足の音の外は聞かないであろう。) (20:108)

[يَوْمَ يَأْتِ لاَ تَكَلَّمُ نَفْسٌ إِلاَّ بِإِذْنِهِ فَمِنْهُمْ شَقِىٌّ وَسَعِيدٌ ]

 (その日が来れば,誰もかれの許しがなければ発言することは出来ない。かれらの中の(ある者は)惨であり,また(ある者は)幸福である。) (11:105).

 アッダッハク は イブン アッバース がこう注釈したと述べている、「アッラーは 『その日、この世で所有していたものを持つものは誰もいない』 と仰せられている。」

 

 ヤウム アッ・ディーンの意味

 

 イブン アッバース は言った、「ヤウムッディーン は被造物が報いられる日、つまり裁決を受ける日である。その日アッラーは被造物の行いを、悪は悪、善は善として精算なされる。かれが御赦しになられる者以外は。」

 この部分の意味は明瞭なので、ほかの教友、タービイーン、サラフの学者もこの意味と似たようなことを述べている。

 

 アッラーはアル・マーリクである (王 または 所有者)

 

 アッラーは (万物、万人の) 真の所有者 (王) であられる。アッラーは仰せられた、

[هُوَ اللَّهُ الَّذِى لاَ إِلَـهَ إِلاَّ هُوَ الْمَلِكُ الْقُدُّوسُ السَّلَامُ]

 (かれこそは,アッラーであられる。かれの外に神はないのである。至高の王者,神聖にして平安の源であり) (59:23).

 二つのサヒーフ に、アブ フライラ が伝えることとして、預言者 {saw} が次のように言ったと記録されている、

«أَخْنَعُ اسْمٍ عِنْدَ اللهِ رَجُلٌ تَسَمَّى بِمَلِكِ الْأَمْلَاكِ وَلَا مَالِكَ إِلَّا اللهُ»

 (アッラーの元でもっとも卑劣な名は、自分のことを所有物の支配者と呼ぶ者である。アッラーのほかに主はいないのである。)

 the king of kings, while there are no owners except Allah.)

二つのサヒーフ にはまた、アッラーの使徒 {saw} が次のように言ったとも記録されている、 

«يَقْبِضُ اللهُ الْأَرْضَ وَيَطْوِي السَّمَاءَ بِيَمِينِهِ ثُمَّ يَقُولُ: أَنَا الْمَلِكُ، أَيْنَ مُلُوكُ الْأَرْضِ؟ أَيْنَ الْجَبَّارُونَ؟ أَيْنَ الْمُتَكَبِّرُونَ؟»

 ((審判の日) アッラーは地球を掴み、右手で天を巻き上げて宣言される、「われは王である。地上の王はどこか、暴君はどこか、傲慢な者はどこか。)

 聖なるクルアーンにもこうある、

[لِّمَنِ الْمُلْكُ الْيَوْمَ لِلَّهِ الْوَحِدِ الْقَهَّارِ]

 (その日大権は,誰にあるのか。(それは)唯一なる御方,抵抗出来ない御方,アッラーに属する。) (40:16).

 

 この世でアッラー以外のものを王と呼ぶことについては、話し方の一つの形式としてなされる。たとえば、アッラーはこのように仰せられた、 

[إِنَّ اللَّهَ قَدْ بَعَثَ لَكُمْ طَالُوتَ مَلِكًا]

 (「誠にアッラーは,タールートをあなたがたの上に,王として任命された。」) (2:247),

[وَكَانَ وَرَآءَهُم مَّلِكٌ]

 (かれらの背後に一人の王がいて) (18:79)

[إِذْ جَعَلَ فِيكُمْ أَنْبِيَآءَ وَجَعَلَكُمْ مُّلُوكاً]

 かれはあなたがたの中から預言者たちをあげ,あなたがたを王となされた。) (5:20)

 二つのサヒーフも記録している、

«مِثْلُ الْمُلُوكِ عَلَى الْأَسِرَّةِ»

 (玉座に寛いでいる王たちのように)

 

 アッ・ディーンの意味

 

 アッディーン は、精算、報奨、あるいは懲罰を意味する。アッラーは仰せられた、

[يَوْمَئِذٍ يُوَفِّيهِمُ اللَّهُ دِينَهُمُ الْحَقَّ]

 (その日アッラーは,かれらが受けるべき応報を(凡て)払い戻され) (24:25)

[أَءِنَّا لَمَدِينُونَ]

 (本当に審判されるのでしょうか。) (37:53) ハディースにはこのようにある、

«الْكَيِّسُ مَنْ دَانَ نَفْسَهُ وَعَمِلَ لِمَا بَعْدَ الْمَوتِ»

 (賢明なのは、 自分自身に裁断を下し、死後のために働く者である。) つまり、 責任を持てる態勢でいるということである。また、ウマル は言った、「 精算される前に責任のある姿勢を取っておきなさい、量られる前に自分自身を量りなさい、あなたの行いをすべてご存知のお方の前に集められる時のために備えていなさい。

[يَوْمَئِذٍ تُعْرَضُونَ لاَ تَخْفَى مِنكُمْ خَافِيَةٌ ]

 (その日あなたがたは(審判のため)みな剥き出しにされ何一つとして隠しおおせないであろう。) (69:18) 」

 

 

 [إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ]

 (5. わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う。) (1:5)

 

 

 イバーダの言語学的、宗教的な意味

 

 言語学的にはイバーダは、服従されられた、征服された、抑制されたという意味である。たとえば、道路は 「ムアッバダ」 と言うが、「舗装された」 という意味である。宗教用語でイバーダ は、最大の愛、謙遜、畏れを意味する。

 

 行為者の前に行動の目的を述べるメリットとこれらの否定のメリット

 فهيـاك والأمر الذي إن تـراحبت  مـوارده ضاقـت عليك مصـادره

 

 「あなたにのみ崇め仕えあなたにのみ御助けを請い願う。 」 は、私たちはあなたにのみ崇め仕え、ほかの何にも崇め仕えない、あなたにのみ請い願い、ほかの何にも請い願わない、という意味である。これは服従の完全な形で、この宗教のすべてがこの二つに示されている。サラフの中には、アル・ファーティハはクルアーンの極意であり、この二つの言葉はアル・ファーティハの極意であると言った者がいる。

 

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ]

 (5. わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う。)

 前半部分は シルク (多神崇拝) の罪を犯さないという宣言、後半部分では、あらゆる事がただアッラーのみにより統制されているという認識を表明し、いかなる権力を持つことも否定している。この意味は、クルアーン中に数々の例をもって繰り返し言われている。たとえば、アッラーはこう仰せられた、

[فَاعْبُدْهُ وَتَوَكَّلْ عَلَيْهِ وَمَا رَبُّكَ بِغَافِلٍ عَمَّا تَعْمَلُونَ]

 (だからかれに仕え,かれを信頼しなさい。主はあなたがたの行うことを,疎かになされない。) (11:123),

[قُلْ هُوَ الرَّحْمَانُ ءَامَنَّا بِهِ وَعَلَيْهِ تَوَكَّلْنَا]

 (言ってやるがいい。「かれは慈悲あまねく御方であられ,わたしたちはかれを信仰し,かれに(全てを)托す。) (67:29),

[رَّبُّ الْمَشْرِقِ وَالْمَغْرِبِ لاَ إِلَـهَ إِلاَّ هُوَ فَاتَّخِذْهُ وَكِيلاً ]

 (東と西の主であられ,かれの外に神はないのである。それでかれを,御槌すべき方として仰ぎなさい。) (73:9)

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ]

 (わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う。) 

 この節で、話法が変化していることに触れておかなければならない。イイヤーカ という言葉で使われている 「カ」 (あなた) によって、第三者のことを述べる話法から直接語りかける話法へと変わっている。これは、しもべがアッラーを称賛し、アッラーに感謝した後、かれの前に立ち、かれに直接話しかけているのである。

 

 

 アル・ファーティハ アッラーを讃えることの重要性を示し、それは各礼拝毎に必要である

 

 アル・ファーティハ章の始めでは、アッラーがもっとも美しい性質によりご自身を讃え、しもべにも同じようにかれを讃えるよう示しておられる。したがって、礼拝はアル・ファーティハが読まれなければ有効とならない (読める者なら)。二つのサヒーフには、ウバーダ ビン アッサーミト の伝えることとしてアッラーの使徒 {saw} がこのように言ったとの記録がある、

 

«لَا صَلَاةَ لِمَنْ لَمْ يَقْرَأْ بِفَاتِحَةِ الْكِتَابِ»

 (啓典の開端を読まない者は礼拝をしていない)

 『サヒーフ ムスリム』 には、アブ フライラの伝えることとして、アッラーの使徒 {saw} がこのように言ったとの記録がある、 


يَقُولُ اللَّهُ تَعَالَى : قَسَمْتُ الصَّلَاةَ بَيْنِي وَبَيْنَ عَبْدِي نِصْفَيْنِ، فَنِصْفُهَا لِي وَنِصْفُهَا لِعَبْدِي وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ، إِذَا قَالَ الْعَبْدُ:
«الْحَمْدُ للَّهِ رَبّ الْعَالَمِينَ يَوْمِ إِنَّ اللَّهُ يُؤْمِنُونَ كَفَرُواْ اللَّهُ يُؤْمِنُونَ غِشَاوَةٌ عَلَى الْمَغْضُوبِ يُنفِقُونَ اللَّهُ سَوَآء قُلُوبِهِمْ يُؤْمِنُونَ اللَّهُ عَلَيْهِمْ قُلُوبِهِمْ تُنذِرْهُمْ يُوقِنُونَ اللَّهُ بِالْغَيْبِ سَمْعِهِمْ يُؤْمِنُونَ قُلُوبِهِمْ تُنذِرْهُمْ يَوْمِ أَمْ اللَّهُ لّلْمُتَّقِينَ قُلُوبِهِمْ بِمَآ اللَّهُ يُؤْمِنُونَ إِنَّ اللَّهُ يُؤْمِنُونَ كَفَرُواْ اللَّهُ الْمَغْضُوبِ الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ»
، قَالَ اللهُ: أَثْنى عَلَيَّ عَبْدِي فَإذَا قَالَ:
﴿مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ﴾، قَالَ اللهُ: مَجَّدَنِي عَبْدِي، وَإِذَا قَالَ:
﴿إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ﴾، قَالَ: هذَا بَيْنِي وَبَيْنَ عَبْدِي، وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ، فَإِذَا قَالَ:
﴿اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ ﴾
﴿صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ ﴾، قَالَ: هذَا لِعَبْدِي، وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ»


 (アッラーは仰せられた、「われは礼拝を、われわがしもべとの間で二つに分けた。半分はわれのもの、もう半分はしもべのものである。わがしもべは求めるものを得るだろう。) しもべが、

[الْحَمْدُ للَّهِ رَبِّ الْعَالَمِينَ ]

 (万有の主,アッラーにこそ凡ての称讃あれ) と言えば、  アッラーは 「わがしもべがわれを讃えた。」 と仰せられ、しもべが、

[الرَّحْمَانِ الرَّحِيمِ ]

 (慈悲あまねく慈愛深き御方,) と言えば、 アッラーは  「わがしもべがわれを讃えた。」 と仰せられ、しもべが、

[مَالِكِ يَوْمِ الدِّينِ ]

 (最後の審きの日の主宰者に。) と言えば、  アッラーは、「わがしもべはわれの栄光を讃えた。」 と仰せられ、しもべが

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ]

 (わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う。) と言えば、 アッラーは 「これはわれわがしもべの間のことである。わがしもべは求めたものを得るであろう。」 と仰せられる。 しもべが

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ - صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ,あなたが御恵みを下された人々の道に,あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。) と言えば、 アッラーは、「これはわれとわがしもべの間のことである。わがしもべは求めたものを得るであろう。」 と仰せられる。 

 

 

 タウヒード アル・ウルヒーヤ

 

 アッダハーク は、イブン アッバースがこう言ったと伝えた、

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ]

 「(わたしたちはあなたにのみ崇め仕え) は、『主よ、私たちが選ぶのは、ほかの何ものでもなく、あなただけ、私たちが畏れるのはあなただけ、私たちが望みを託すのはあなただけです』 という意味である。  

 

 タウヒード アッ・ルブビーヤ

 

[وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ]

 (あなたにのみ御助けを請い願う。) すべての事柄についてあなたに従います、ということである。

 カターダは言う、

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ ]

 (わたしたちはあなたにのみ崇め仕え,あなたにのみ御助けを請い願う。)  「この節は、誠を尽くしてアッラーを崇め、あらゆる事柄についてかれにお助けを求めるようにとのアッラーのご命令である。」

 アッラーは、 

[إِيَّاكَ نَعْبُدُ]

 (わたしたちはあなたにのみ崇め仕え) 

[وَإِيَّاكَ نَسْتَعِينُ]

 (あなたにのみ御助けを請い願う。) の前に 仰せられている。なぜなら、ここで目的としているのは崇拝であり、アッラーのお助けはこの目的を実行するための手段であるためである。 確かに、人はまず最も重要な点を扱い、それからそれより重要でないことを扱う。アッラーがもっともよくご存知であられる。

 

 

 アッラーは預言者 صلى الله عليه وسلم  をアブドと呼ばれた

 

  啓典を下されたことに言及するとき、預言者 {saw} がアッラーに求めるときなど、かれとの関わり合いについて言及するとき、イスラー (マッカからエルサレム、そして天への一夜の旅) について言及するとき、アッラーは使徒 {saw} を アブド (しもべ) と呼ばれている。そして、これらは、預言者 {saw} にとってもっとも栄誉ある使命である。アッラーは仰せられた、

[الْحَمْدُ لِلَّهِ الَّذِى أَنْزَلَ عَلَى عَبْدِهِ الْكِتَابَ]

 (アッラーを讃える。かれはそのしもべに啓典を下された。) (18:1)

[وَأَنَّهُ لَّمَا قَامَ عَبْدُ اللَّهِ يَدْعُوهُ]

 (アッラーのしもべ(ムハンマド)が,かれに祈るために立った時) (72:19) 

[سُبْحَانَ الَّذِى أَسْرَى بِعَبْدِهِ لَيْلاً]

 (かれに栄光あれ。そのしもべを旅をさせた。) (17:1)

 

 苦悩のときに崇拝行為を行うことの奨励

 

 アッラーはまた、預言者 {saw} に彼を嘲り拒否する不信心な者たちのために苦しめられていた頃、崇拝の行為に励むように促された。 アッラーは仰せられた、

[وَلَقَدْ نَعْلَمُ أَنَّكَ يَضِيقُ صَدْرُكَ بِمَا يَقُولُونَ - فَسَبِّحْ بِحَمْدِ رَبِّكَ وَكُن مِّنَ السَّاجِدِينَ - وَاعْبُدْ رَبَّكَ حَتَّىٰ يَأْتِيَكَ الْيَقِينُ ]

  (われはかれらの口にすることで,あなたの胸が締めつけられるのを知っている。だから,あなたの主を讃えて唱念し,サジダして,定めの時が訪れるまで,あなたの主に仕えなさい。) (15:97-99)

 

 

 なぜ賛美が最初に言及されているか

 

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ)

لما تقدم الثناء على المسؤول، تبارك وتعالى، ناسب أن يعقب بالسؤال؛ كما قال: "فنصفها لي ونصفها لعبدي، ولعبدي ما سأل" وهذا أكمل أحوال السائل، أن يمدح مسؤوله، ثم يسأل حاجته [وحاجة إخوانه

المؤمنين بقوله: ( اهدنا ) ]

 私たちの助けに応えられるお方、アッラーを賛美することを述べる時、称賛に続けて必要なことを求めるのは適切である。先にアッラーが次のように仰せられたことについて述べた、

 

«فَنِصْفُهَا لِي وَنِصْفُهَا لِعَبْدِي، وَلِعَبْدِي مَا سَأَلَ»

 (半分はわれ、もう半分はわがしもべのもの。そしてしもべは求めたものを得るだろう。)

 これが、助けを請うのに最良の方法である。 私たちが助けを求めるお方をまず讃え、それから次のように言って、自分のため、そしてムスリム同胞のためにかれの援助を求めるのである。

 

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ)

 この方法は嘆願への明確な答えをもたらす際により適切で効率的である。だから、アッラーはこのより良い方法を推奨した。

 助けを求めることは、助けを求めている人の状態を伝える形をとることもある。たとえば、預言者ムーサーは言った、

[رَبِّ إِنِّى لِمَآ أَنزَلْتَ إِلَىَّ مِنْ خَيْرٍ فَقِيرٌ]

 (主よ,あなたがわたしに御授けになる,何か善いものが欲しいのです。) (28:24)

 また、まず助けをもたらしてくれる人の特性に触れることもある。ズン・ヌーンが言ったように、

[لاَّ إِلَـهَ إِلاَّ أَنتَ سُبْحَانَكَ إِنِّى كُنتُ مِنَ الظَّالِمِينَ]

 (あなたの外に神はありません。あなたの栄光を讃えます。本当にわたしは不義な者でした。) (21:87).

 さらに、必要なことを言わずにアッラーを讃えることもある。この章にある導きというのは、指導を授かり、成功へと導かれることである。

 アッラーは仰せられた、

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ) は、私たちを導き、監督、先導し、正しい道をお示しください、ということである。

 また、

[وَهَدَيْنَاهُ النَّجْدَينِ ]

 (更に二つの道をかれに示した(ではないか)。) (90:10) は、「われは彼に善と悪の道を教えた」 という意味である。また、アッラーは仰せられた、

[اجْتَبَاهُ وَهَدَاهُ إِلَى صِرَاطٍ مُّسْتَقِيمٍ]

 (かれがかれを選び正しい道に御導きになられた。) (16:121)

[فَاهْدُوهُمْ إِلَى صِرَاطِ الْجَحِيمِ]

 (かれらを火獄への道に連れて行け。) (37:23)  同様に、アッラーは仰せられた、

[وَإِنَّكَ لَتَهْدِى إِلَى صِرَاطٍ مُّسْتَقِيمٍ]

 (あなたは,それによって(人びとを)正しい道に導くのである。) (42:52)

[الْحَمْدُ لِلَّهِ الَّذِى هَدَانَا لِهَاذَا]

 (わたしたちをこれの方へ御導き下された,アッラーを讃える。) (7:43) 私たちをお導きくださり、この結末 -楽園- にお迎えくださった、という意味である。

 

 

 アッ・スィラート アル・ムスタキームの意味、まっすぐな道

 

 アッスィラート アル・ムスタキーム の意味について イマーム アブ ジャアファル アッタバリ が述べている、「アッスィラート アル・ムスタキーム はアラブ人の言語によれば、枝分かれしていないはっきりした道であると、ウンマは一致している。たとえば、ジャリール ビン アティヤ アル・ハタフィ は詩の中でこう言った、『信仰の先導者は、たとえ他の道が曲がっていても、まっすぐな道にとどまっている。』 アッタバリはまた、「これには多くの証拠がある。」 と述べて続けた、「アラブ人は スィラート という言葉を、言動について正しいか不正であるかを問うときに用いる。したがって、アラブ人は正直な人をまっすぐであると言い、邪悪な人を歪んでいると表現する。クルアーン中にある アッスィラート アル・ムスタキーム はイスラームの道である。

 イマーム アフマド は 『ムスナド』 に、アンナウワス ビン サマン が伝えたこととして預言者 {saw} が次のように言ったと記録している。

 

«ضَرَبَ اللهُ مَثَلًا صِرَاطًا مُسْتَقِيمًا، وَعَلَى جَنْبَتَيِ الصِّرَاطِ سُورَانِ فِيهِمَا أَبْوَابٌ مُفَتَّحَةٌ، وَعَلَى الْأَبْوَابِ سُتُورٌ مُرْخَاةٌ، وَعَلَى بَابِ الصِّرَاطِ دَاعٍ يَقُولُ: يَاأَيُّهَا النَّاسُ ادْخُلُوا الصِّرَاطَ جَمِيعًا وَلَا تَعْوَجُّوا، وَدَاعٍ يَدْعُو مِنْ فَوْقِ الصِّرَاطِ، فَإِذَا أَرَادَ الْإِنْسَانُ أَنْ يَفْتَحَ شَيْئًا مِنْ تِلْكَ الْأَبْوَابِ قَالَ:وَيْحَكَ لَا تَفْتَحْهُ فَإِنَّكَ إِنْ فَتَحْتَهُ تَلِجْهُ فَالصِّرَاطُ: الْإِسْلَامُ وَالسُّورَانِ: حُدُودُ اللهِ وَالْأَبْوَابُ الْمُفَتَّحَةُ مَحَارِمُ اللهِ وَذَلِكَ الدَّاعِي عَلَى رَأْسِ الصِّرَاطِ كِتَابُ اللهِ، وَالدَّاعِي مِنْ فَوْقِ الصِّرَاطِ وَاعِظُ اللهِ فِي قَلْبِ كُلِّ مُسْلِمٍ»

 (アッラーは例を挙げられた。両側を壁に囲まれているスィラート (真っ直ぐな道) 、壁には扉がいくつかあるが、カーテンで覆われている。スィラートの入り口には 「人々よ、この道に留まりなさい。そこから外れてはいけない。」 と告げるものがいる。また、道の上からも、扉を開けたがっている人に注意を呼びかける声がする。  「いけない! それを開けてはいけない。開ければあなたはそこを通って出て行ってしまうだろう。」 真っ直ぐな道はイスラームである。 両側の壁はアッラーが設けた制限で、扉はアッラーが禁じたものに似ている。スィラートの入り口の声はアッラーの啓典、 スィラートの上からする声はムスリム各人の心にあるアッラーの戒めである。)

 

 

 誠実な者は導きを求め、導きに従う

 「なぜ信者はすでに正しく導かれているのに、礼拝の度に、またそうでない時も、アッラーに導きを請うのか。もう導きを得ているではないか。」 と問うなら、

 その答えはこうである。日夜導きを請い続ける必要がないとしたら、アッラーは導きを得るためにかれに祈るようにと信者に命じていなかっただろう。

 しもべは生きている間、何時も、至高なるアッラーを必要としている。正しい導きの道にしっかりと留まるため、もっと固くつかまるためにも、助けが要る。 しもべは、アッラーの御許しがなければ自分を益することも害することもできない。それゆえ、アッラーはしもべにいつもかれに祈るようにと命ぜられている。そうすればアッラーは彼を助け、確信と成功を与えてくださる。実際、アッラーがかれに求めるようにと導かれる者は幸せである。すぐにアッラーのお助けを必要としている場合は特にそうである。アッラーは仰せられた、

 

[يَـأَيُّهَا الَّذِينَ ءَامَنُواْ ءَامِنُواْ بِاللَّهِ وَرَسُولِهِ وَالْكِتَابِ الَّذِى نَزَّلَ عَلَى رَسُولِهِ وَالْكِتَابِ الَّذِى أَنَزلَ مِن قَبْلُ]

 (あなたがた信仰する者よ,アッラーかれの使徒を信じなさい。また使徒に下された啓典と,以前に下された啓典を信じなさい。)  (4:136) (4:16).

 そのため、この節ではアッラーは信徒たちに信じるよう命ぜられている。ここで求められているのは堅固さと信仰の道にとどまるのにためになる行いを継続してすることであるため、この命令は過剰ではない。また、信者たちに次のように言うように命ぜられた、

 

[رَبَّنَا لاَ تُزِغْ قُلُوبَنَا بَعْدَ إِذْ هَدَيْتَنَا وَهَبْ لَنَا مِن لَّدُنكَ رَحْمَةً إِنَّكَ أَنتَ الْوَهَّابُ ]

 (「主よ,わたしたちを導かれた後,わたしたちの心をそらさないで下さい。あなたの御許から,わたしたちに御慈悲を与えて下さい。本当にあなたこそ,限りなく与えられる御方であられます。」) (3:8)  したがって、

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ)  は、「私たちを正しい導きの道の上に堅固に据え、そこから逸らさせないでください。」 という意味である。

 

 [صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ ]

 (7. あなたが御恵みを下された人々の道に,あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。)

 先に挙げたハディースで、しもべが

[اهْدِنَا الصِّرَاطَ الْمُسْتَقِيمَ ]

 (わたしたちを正しい道に導きたまえ)  と懇願し、アッラーが、「こちらがわがしもべのため、そしてしもべは求めるものを得るだろう。」 と仰せられた。

 アッラーの御言葉、

[صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ]

 (あなたが御恵みを下された人々の道に)  はどの道かを明確に定義している。「 アッラーが御恵みを下された人々」 は、婦人章でアッラーが挙げられた人々である。

[وَمَن يُطِعِ اللَّهَ وَالرَّسُولَ فَأُوْلَـئِكَ مَعَ الَّذِينَ أَنْعَمَ اللَّهُ عَلَيْهِم مِّنَ النَّبِيِّينَ وَالصِّدِّيقِينَ وَالشُّهَدَآءِ وَالصَّالِحِينَ وَحَسُنَ أُولَـئِكَ رَفِيقاً - ذلِكَ الْفَضْلُ مِنَ اللَّهِ وَكَفَى بِاللَّهِ عَلِيماً ]

 (アッラーと使徒に従う者は,アッラーが恩恵を施された預言者たち,誠実な者たち,殉教者たちと正義の人々の仲間となる。これらは何と立派な仲間であることよ。これはアッラーからの恩恵である。アッラーは凡てのことにぬかりなく通暁しておられる。) (4:69-70)

 アッラーの御言葉、

[غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ]

 (あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。)  私たちをまっすぐな道へお導きください、あなたがお恵みを下された人々の道へ。正しい導きにいる人々、誠実な人々、アッラーとかれの使徒に服従する人々の道へ。アッラーのご命令を固く守り、かれが禁じられたことを慎む人々の道へ。 そして、アッラーがお怒りになられる人々の道を、真実を知りながら逸脱する堕落した意思を持つ人々の道を、私たちが避けることができるようにお助けください。また、迷わされた人々の道を、真の知識を失った結果、正しい道を見出せずに誤った道を彷徨っている人々の道を、私たちが避けることができるようにお助けください。アッラーは、否定を繰り返されることで、かれがここに表された二つの道は両方とも誤っていると断言されている。この二つの道はキリスト教徒とユダヤ教徒のそれであり、同じ道を辿らないように警戒するべき事実である。 信じる者の道は真実の知識と、それに従うことである。それにひきかえ、ユダヤ教徒は宗教に従って行動することをやめ、キリスト教徒は本当の知識を失った。 それでユダヤ教徒の上にお怒りが下り、キリスト教徒には 「道に迷った」 という表現がふさわしくなったのである。知らない者と違い、知っていながら真理に従うことを避ける者はお怒りを受けるに値する。キリスト教徒が真の知識を求めながら見出せずにいるのは、正しい源から探さないからである。それで彼らは迷い堕落した。キリスト教徒とユダヤ教徒の両者ともお怒りを買い堕落したが、怒りを蒙った者というのは、よりユダヤ教徒の特性を表すのに使われることを述べておく。 アッラーはユダヤ教徒について仰せられている、

[مَن لَّعَنَهُ اللَّهُ وَغَضِبَ عَلَيْهِ]

 (それはアッラーが見放した者,御怒りを被むった者) (5:60)

 

  キリスト教徒の特性をもっとも表すのは、迷った者である。彼らについてアッラーが次のように仰せられているごとく、 

[قَدْ ضَلُّواْ مِن قَبْلُ وَأَضَلُّواْ كَثِيراً وَضَلُّواْ عَن سَوَآءِ السَّبِيلِ]

 (かれらは多くの者を迷わせ,(自らも)正しい道から迷った者たちである。) (5:77)

 この事について、いくつかのハディースとサラフにより報告されている。 イマーム アフマドは、アディ ビン ハーティムがこう言ったと記録している、「アッラーの使徒の騎手たちは、私の父方のおばとその他のものを捕らえた。その捕らえられた人々はアッラーの使徒 {saw} の元へ連れて行かれ、彼の前に並ばされた。私のおばは言った、『アッラーの使徒よ、援助者は遠くにおり、子どもたちは来ることなく、私は年老いていて仕えることはできません。あなたのご厚意に与らせてください。アッラーがあなたにかれのお恵みをお授けくださいますように。』  使徒 {saw} は言った、『あなたの援助者は誰か。』  彼女は言った、『アディ ビン ハーティムです。』 彼 {saw} は言った、『それはアッラーとかれの使徒から逃げ去った者である。』 彼女は言った、『それで、預言者は私を解放した。  預言者 {saw} が戻ってきたとき、隣に一人の男性がいた。私はそれはアリだったと思う。』 彼はおばに言った、『彼に乗り物をお願いしなさい。』 彼女は預言者に頼み、彼は彼女に動物を与えるように命じた。」 アディはそれからこう言った、「後になって、彼女は私のところへ来て言った、『彼(ムハンマド)は、 (寛大であった) あなたの父親でもしたこともないような親切をしていた。これこれの人が彼のところへ来ると、彼は親切をし、これこれの人が来ると彼は親切をした。』  それで私は預言者のところへ行き、何人かの女性と子どもが彼のところに集まっているのを見た。彼らはとても近づいていたので、彼がキスラ (ペルシャの王) や カエサル のような王ではないことが分かった。彼は言った、『アディよ、どうしてラーイラーハイッラッラーから逃げ出してしまったのか。アッラー以外に崇拝に値する神があるのか。どうしてアッラーフアクバルから逃げ出してしまったのか。アッラーより偉大なものがあるのか。』 私はイスラームに入信した。私は彼の顔が喜びでいっぱいになるのを見た。彼は言った、

«إِنَّ الْمَغْضُوبَ عَلَيْهِمُ الْيَهُودُ وَ إِنَّ الضَّالِينَ النَّصَارَى»

 (お怒りを蒙ったのはユダヤ教徒で、見放されたのはキリスト教徒である。)

 このハディースはまた アッ・ティルミズィ によって ハサン ガリーブ であると位置づけられ記録されている。

 ザイド ビン アムル ビン ヌファイル がイスラーム以前に、真の宗教を求めて何人かの友人と アッシャーム へ行ったとき、ユダヤ教徒が言った、「私たちが買ったアッラーのお怒りの分け前を負わない限り、ユダヤ教徒にはなれない。」 彼は言った、「私はアッラーのお怒りを逃れるために探しているのだ。」  キリスト教徒はこう言った、「もし私たちの仲間になれば、アッラーのご不満の分け前を負うことになる。」 彼は言った、「私はそれには耐えられない。」 それで彼はそのまま純粋な信念を抱き続け、偶像崇拝や多神崇拝の慣習を避けていた。彼はユダヤ教徒にもキリスト教徒にもならなかった。かれの仲間たちはキリスト教徒になった。ユダヤ教よりも高潔であると思ったからである。ワラカ ビン ナウファル は、アッラーが預言者 {saw} の手により彼を導くまではこれらの一人であった。ムハンマド {saw} が預言者として遣わされた時、ワラカは預言者 {saw} に齎されたその啓示を信じた。彼にアッラーのご満悦あれ。

 

 

アル・ファーティハの要約

 

 この貴い章、アル・ファーティハには七つの節があり、それにはアッラーの称賛とアッラーへの感謝が含まれ、かれのもっとも美しい御名ともっとも高潔な属性を用いてかれの栄光が讃えられている。来世、つまり復活の日のことも述べられている。アッラーのしもべに、かれに祈り、すべての力と権力はかれから生じるものであることを宣言し、かれに求めるように命じている。神としてかれだけを選び、かれがどんなパートナーも必要としない、ライバルも同格もいない完全なお方であることを信じ、アッラーのみを真心をこめて崇めるようにと呼びかけている。 アル・ファーティハは真っ直ぐな道、つまり真の宗教を行くことができるよう、この世でその道にずっと留まり続けることができるよう、復活の日にスィラート (誰もが渡らなければならない、地獄にかかった橋) を渡りきることができるよう、信者たちにアッラーに祈ることを命じている。その日、預言者たち、誠実な者たち、殉教者たち、正義の人々と一緒に安楽の園に入ることができる。 アル・ファーティハは良い行いを奨励している。信じる者たちが、復活の日、善行を行う者たちの仲間の中にいるようにするためである。誤った導きに従わないようにと警告を発してもいる。復活の日に、お怒りを買ったり、迷わされた人々等、罪を犯すことに耽っていた人たちと一緒に集められないようにするためである。

 

 

فصل 

恩恵はアッラーのため、逸脱でなく

 

 アッラーはかれのお恵みについて触れられ、仰せられた、

[صِرَاطَ الَّذِينَ أَنْعَمْتَ عَلَيْهِمْ]

 (あなたが御恵みを下された人々の道に) 

 お怒りについて触れるとき、

 [غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ]

 (あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。) このようにアッラーは主語を言わずに仰せられた。お怒りになられたのはかれであられるが。 別の節でも仰せられている、

[أَلَمْ تَرَ إِلَى الَّذِينَ تَوَلَّوْاْ قَوْماً غَضِبَ اللَّهُ عَلَيْهِم]

 (あなたは,アッラーの怒りを被った人びとを友とする者に,気付かないのか。) (58:14).

 また、アッラーは迷いに身を任せている人々の誤った導きについて仰せられている。彼らがそうなっているのはアッラーの定められた宿命の通りなのであるが。 たとえば、アッラーはこのように仰せられている、

[مَن يَهْدِ اللَّهُ فَهُوَ الْمُهْتَدِ وَمَن يُضْلِلْ فَلَن تَجِدَ لَهُ وَلِيًّا مُّرْشِدًا]

 (アッラーが導かれる者は,(正しく)導かれた者である。だが迷うに任せられた者には,あなたは正しく導く保護者の一人も,見い出せ得ないのである。) (18:17)

また、 

[مَن يُضْلِلِ اللَّهُ فَلاَ هَادِيَ لَهُ وَيَذَرُهُمْ فِى طُغْيَانِهِمْ يَعْمَهُونَ ]

 (アッラーが迷わせられた者に導きはない。かれは,かれらの倣慢さ故に,当てもなく迷うに任せられる。) (7:186).

 

لا كما تقوله الفرقة القدرية ومن

حذا حذوهم، من أن العباد هم الذين يختارون ذلك ويفعلونه

، ويحتجون على بدعتهم

بمتشابه من القرآن، ويتركون ما يكون فيه صريحا في الرد عليهم، وهذا حال أهل الضلال والغي،

 これらの節と、それ以外にもいくつかあるが、そこにはアッラーだけが導かれ、また迷わせるお方であると示されている。しもべが自身の運命を選び、作り出すという主張を持つカダリッヤー派の信条はこれに反している。彼らは明瞭な箇所や彼らの欲求にそぐわない箇所を避け、曖昧な節に因っているのである。 彼らのやり方は欲望に従い不道徳を行う人々のそれである。 真正なハディースは伝えている、 

«إِذَا رَأَيْتُمُ الَّذِينَ يَتَّبِعُونَ مَا تَشَابَهَ مِنْهُ فَأُولئِكَ الَّذِينَ سَمَّى اللهُ فَاحْذَرُوهُمْ»

 (その (クルアーンの) 中の曖昧な部分に従う者を見たら、それがアッラーが示した人々である (3:7参照)。 だから彼らを避けなさい。) 

 預言者 {saw} はアッラーの御言葉に言及した、

[فَأَمَّا الَّذِينَ فى قُلُوبِهِمْ زَيْغٌ فَيَتَّبِعُونَ مَا تَشَابَهَ مِنْهُ ابْتِغَآءَ الْفِتْنَةِ وَابْتِغَآءَ تَأْوِيلِهِ]

 (そこで心の邪な者は,あいまいな部分にとらわれ,(その隠された意味の)欠陥を求めて,それに勝手な解釈を加えようとする。) (3:7).

 まことに、この宗教に新しい決まりを設けようとする者で、クルアーンを使って彼が編み出したものを立証することができる者は一人もいない。クルアーンは真実と虚偽、そして正しい導きと迷いを区別するため齎された。クルアーンには些かの不一致も少しの矛盾もない。もっとも英明なお方、あらゆる称賛にふさわしいお方によって啓示されたものであるから。

 

 

فصل

アーミーン と言うこと

 

 アル・ファーティハを読んだ後に アーミーン という事が推奨されている。アーミーン は、「アッラーよ、私たちの祈りをお受け入れ下さい。」 という意味である。 アーミーン と言うことが推奨されることは、イマーム アフマド、アブ ダーウード、アッテイルミズィ が記録したことに立証できる。ワイル ビン フジュルが言った、「私はアッラーの使徒 {saw} が、 

[غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ]

 (あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。) と読誦し、アーミーン と声を伸ばして言うのを聞いた。」

 アブ ダーウード の記録では、これに 「声を挙げて」 という語句が加わる。アッ・ティルミズィ はそれから、このハディースはハサンであると注釈した。アリ と イブン マスウード もこのハディースを伝えた。

 アブ フライラ は、アッラーの使徒 {saw} が

[غَيْرِ الْمَغْضُوبِ عَلَيْهِمْ وَلاَ الضَّآلِّينَ]

 (あなたの怒りを受けし者,また踏み迷える人々の道ではなく。)  と読むときはいつも アーミーン と言っていて、彼のすぐ後ろの最前列にいた者はその声を聞くことができた、と伝えている。

  このハディースは アブ ダーウード と イブン マジャ によっても記録されているが、「そしてマスジド は (預言者 {saw} の後ろの人々が言う)アーミーンという声で振動したものであった。」 という語句が続いている。

 アッダーラクトゥニもこのハディースを記録し、ハサンであると注釈している。

 ビラールは、彼が、「アッラーの使徒よ、私が加わる前にアーミーンと言い終えないでください。」 と言ったことを伝えている。これはアブ ダーウードによって記録されている。

 アブ ナスル アル・クシャイリ は アル・ハサン と ジャアファル アッサディーク がアーミーン の 「ミ」 を強く言っていたと伝えている。

 アーミーン と言うことは (アル・ファーティハが読まれる時に) 礼拝をしていない人にも促され、一人でにせよ、イマームの後ろで礼拝しているにせよ、礼拝している人には強く促される。

 二つのサヒーフ にアッラーの使徒 {saw} が次のように言ったとの記録がある、

 

«إِذَا أَمَّنَ الْإِمَامُ فَأَمِّنُوا، فَإِنَّهُ مَنْ وَافَقَ تَأْمِينُهُ تَأْمِينَ الْمَلَائِكَةِ غُفِرَ لَهُ مَا تَقَدَّمَ مِنْ ذَنْبِهِ»

 (イマームが アーミーン と言ったら、アーミーン と言いなさい。天使と一緒に アーミーン と言う者は、その前に犯した罪を赦されるから。)

 ムスリム は アッラーの使徒 {saw} が次のように言ったと記録している、

«إِذَا قَالَ أَحَدُكُمْ فِي الصَّلَاةِ: آمِينَ، وَالْمَلَائِكَةُ فِي السَّمَاءِ: آمِينَ، فَوَافَقَتْ إِحْدَاهُمَا الْأُخْرَى غُفِرَ لَهُ مَا تَقَدَّمَ مِنْ ذَنْبِهِ»

 (あなた方のうち誰でも礼拝で アーミーン と言い、天上の天使が重ねて アーミーン と言うと、その前に犯した罪を赦される。)

 このハディースでは、天使とムスリムの両方が同時にアーミーンと言うことについて述べられている。また、アーミーン と天使とムスリムが言うとき、等しく誠実である (そうして赦しが齎される) ということに触れている。

آمين، فوافقت إحداهما الأخرى، غفر له ما تقدم من ذنبه"

 

.[قيل: بمعنى من وافق تأمينه تأمين الملائكة في الزمان، وقيل: في الإجابة، وقيل: في صفة الإخلاص]

 

 アブ ムーサー 『サヒーフ ムスリム』 に、アブ ムーサーが伝えたこととして、預言者 {saw} がこのように言ったと記録されている。

«إِذَا قَالَ يَعنِي الْإِمَامَ : وَلَا الضَّالِّينَ، فَقُولُوا: آمِينَ، يُجِبْكُمُ اللهُ»

 (イマームが ワラッダーリーン と言ったら、アーミーンと言いなさい。そうすればアッラーはあなたの祈りに応えてくださる。)

 アッティルミズィ は アーミーン は、「私たちの望みを失望させないでください」 ということである、と言ったが、多くの学者は、それは 「私たちの祈りにお応えください」 という意味であると述べている。

 

 イマーム アフマドの 『ムスナド』 によると、アーイシャが言うには、ユダヤ教徒が話しに上るとアッラーの使徒 {saw} はこう述べたという、

«إِنَّهُم لَنْ يَحْسُدُونَا عَلَى شَيْءٍ كَمَا يَحْسُدُونَا عَلَى الْجُمُعَةِ الَّتِي هَدَانَا اللهُ لَهَا وَضَلُّوا عَنْهَا، وَعَلَى الْقِبْلَةِ الَّتِي هَدَانَا اللهُ لَهَا وَضَلُّوا عَنْهَا وَعَلَى قَوْلِنَا خَلْفَ الْإِمَامِ: آمِينَ»

 (彼らが金曜日のことで私たちを妬むほど妬むことはないだろう。私たちはそこに導かれているが彼らはそこから誤った道に導かれている。そして、キブラ のことほど私たちを妬むことはない。私たちはそこに導かれているが彼らはそこから誤った道に導かれている。そして、私たちがイマームの後ろで アーミーン ということほど私たちを妬むことはない。)

 イブン マジャはこのハディースを次のように記録した、

«مَا حَسَدَتْكُمُ الْيَهُودُ عَلَى شَيْءٍ مَا حَسَدَتْكُمْ عَلَى السَّلَامِ وَالتَّأْمِينِ»

 (ユダヤ教徒は、あなたが アッサラーム (ムスリムの挨拶) と言う時と アーミーン と言う時以上にあなたを妬んだことはなかった。)